« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

Windows Vistaをクアッドコア(Q6600)2.4GHzのWindowsマシンにインストールしました。

Vista01  hpのワークステーションX1100にインテルのマザーボードDG33FBとCPUのクアッドコア(Q6600)2.4GHzとメモリ2GB、ハードディスク500GB、電源530W、グラフィックスボードGeforce 8600GT(ビデオメモリ512MB)を新たに組み込みました。そして、Windows Vista Ultimateをインストールしました。動きは軽快でしたが、ホームページ閲覧時等に感じる動きの鈍さ(インターネット保護モード:有効)だけが今後の課題です。3DソフトのPoser等のレンダリングはさすがに速いです。今年の6月10日(日)、「カフェソラーレ リナックスカフェ秋葉原店」にて「Intel in AKIBA 2007」が開催されました。(6月2日より3週連続で土日のみ、この場所を貸し切って開催 されていました。)前座で日本のインテル社の吉田代表取締役共同社長が登場し、なんと3台目のCore 2 Quadの自作PCを組む為、当日、秋葉原のショップで購入したというパーツを実際に見せていただいた事を通して、この日の出来事が小生の脳裏に強烈な印象として残っていました。その後、クアッドコア(Q6600)2.4GHzが約半額に値下げされ、メモリが安くなり、MicrosoftのキャッシュバックキャンペーンとヨドバシAKIBAのポイント大還元セールにより、Windows Vista UltimateをDSP版と同等価格帯で購入する事ができました。これにより、様々なアプリケーションをVistaにインストールする予定です。(参考までに、Vistaに搭載されている、Windows システム評価ツールの「エクスペリエンス インデックス」で5.5でした。TSUKUMO eX.でグラフィックスカードを購入時、売り場の方に8600GTだと満点は取れませんよと言われたのですが、5.1以上を目指していたので、小生なりに満足しています。)参考URL:インテルわくわくキャンペーン

X1100052X11000012 X110001 X110007 X1100008

2007年10月29日 (月)

Mac OS X 10.5 (Leopard)をG4 MDD 867MHzにインストールしました。

01leopard  10月26日はあいにくの雨でしたが、19時頃、雨に濡れないで駅から直通できる、ヨドバシAKIBAでMac OS X 10.5 (Leopard)を購入しました。2Fに有るMacコーナーではAppleの方による、Leopardの新機能の説明が行われており、ギャラリーが設置されたプレゼンテーション用の大きなスクリーン前に集まっていました。Leopardの第一印象の星(宇宙)をイメージした背面のデスクトップ画面は個人的にはWindows Vistaを連想しましたが、本家?がやっと登場したんだなと感じました。説明を聞きながら、レジの長蛇の列が短くなった頃合を見計らって、Leopardを購入しました。(Vistaの発売時はUltimateがアップグレード版で3万円以上していたので、様子を見ながら、初夏に行われたMicrosoftのキャッシュバックキャンペーンの頃、購入しました)

 自宅のG4 MDD 867MHzにLeopardをインストールしてみました。過去のAppleのキャンペーンで電源を静音タイプに変更し、メモリを2GB、ハードディスクを1TB、グラフィックスカードをATi Radeon 9600 (ビデオメモリ256MB)に換装している以外はノーマル仕様です。初代MDDの保守部品の供給が来年の半ば位でストップするらしいので、大切に使用して行きます。Leopard用に作っておいたハードディスクのパーテーションに最初にTigerからのアップグレードインストールをしましたが、再起動後にブルースクリーン状態でしたので、新規インストールに変更して2回目で無事、起動しました。新規インストール時にTigerのインストールしてある、メインのハードディスクから小生の欲しい情報を転送できたので、さすがLeopardだと感心しました。ちなみにクアッドコア(Q6600)2.4GHzのWindowsマシンにVista Ultimateをインストールした後、ホームページ閲覧時等に感じた動きの鈍さ(標準でのセキュリティ機能が大幅に強化されている様です)は、Leopardのインストールが可能な867MHz G4 MDD上でSafariを立ち上げてみてもスムーズでしたので、Vistaほど動きが重く感じないのかなと思いました。Img_0287leopard

2007年10月26日 (金)

ドラマ グッジョブ(2007)

(商品の説明)

(内容紹介)

すべてのOLのバイブルともいうべきリアルな“職場コミック”を、ヒットメーカーの脚本でドラマ化!

オンエア終了後、視聴者から再放送やDVD化を希望する大反響が!

物語の舞台は中堅建設会社「佐嶋建設」。そして、その営業2課で働くOL・上原草子(松下奈緒)は個性的な同僚たちのリーダー的存在である。ある日、そんな職場に黒木(徳重聡)という男性社員が仙台から転勤してくる。OLたちを見下す態度をとっていた黒木だったが、彼女たちの細かい気遣いに満ちた仕事ぶりを知り、その考えを改める。彼女たちOLは単にノルマをこなすだけではなく、相手の痒い所に手が届く、仕事におけるプロ中のプロだった。 第1回 「営業2課へようこそ」第2回 「一緒に働きたい女って?」第3回 「恋する女たち」第4回 「お局さんと新人ちゃん」第5回 「プロフェッショナルな女たち」〈スタッフ〉脚本:大森美香/演出:片岡敬司 ほか/音楽コーディネート:山田勝也/タイトル映像:森本千絵/原作:かたおかみさお(『Good Job~グッジョブ』(講談社KC Kiss刊)) 〈キャスト〉松下奈緒/徳重聡/市川実日子/田中美里/村川絵梨/水野真紀/サエコ/平泉成 ほか

(Amazon.co.jp)

2007年3月、NHKで放映された、松下奈緒主演のオフィスドラマ。共演は、徳重聡、市川実日子ほか。原作は、かたおかみさおによる同名のコミック『Good Job』。ポジティブでアネゴ肌のヒロイン・上ちゃん(松下)が、職場で巻き起こるさまざまなトラブルをスマートにクリアしていく物語で、働く女性たちの共感を集めた話題作。決して上から目線でなく、押し付けがましくもない…自然体なスタイルで人間関係を円滑にしてゆく上ちゃんの生き方は、颯爽としていてとても魅力的。ぜひ彼女と一緒に働いてみたい。そんな気持ちも喚起させる、さわやかな作品。――上原(松下)が勤務する営業2課に、仙台支社から熱意に燃えたエリート・黒木(徳重)が異動してきた。女子社員たちをもてあましてしまった彼は、いきなり上ちゃんにたしなめられ…。(みきーる)

 小生がこのドラマ グッジョブを見て感じたのは主演の松下奈緒さんが実際はOL経験者ではないらしいのですが、ドラマの中では営業2課を仕切るリーダー的なOL役にピッタリと馴染んでいた事です。この新番組を紹介する、「土曜スタジオパーク」の3月17日ゲスト出演時に語っていらっしゃいましたが、撮影が進行するに従ってご自身が着ている制服が次第に気に入っていったそうです。このような方が日本の職場にたくさんいれば、日本の会社の雰囲気も楽しくて明るくなるだろうなと思いました。

2007年10月24日 (水)

マーサの幸せレシピ(2001)

(解説)

シェフの仕事一筋に生きてきた女性の人生の転機を描いた心温まるダイニング・ムービー。製作は「アンダーグラウンド」「ポーラX」「べレジ-ナ」のカール・バウムガートナー。監督は、ドイツの新鋭女性監督サンドラ・ネットルベック。出演は、「悦楽晩餐会」のマルティナ・ゲデック、「恋ごころ」のセルジョ・カステリット、「セレブレーション」のウルリク・トムセンほか。2002年ドイツ映画賞最優秀女優賞(マルティナ・ゲデック)・同年クレイユ国際女性映画祭最優秀作品賞受賞。

(あらすじ)

ドイツのフランス料理店で働くマーサ(マルティナ・ゲデック)は絶対味覚を持つ一流シェフだが、自分の殻に閉じこもっている女性だ。ところが、急逝した姉の8歳の娘リナ(マクシメ・フェルステ)と一緒に暮らすこと...

マーサの幸せレシピ(2001) - goo 映画

(キャスト)

  • Martina Gedeck マルティナ・ゲデック  (マーサ)
  • Sergio Castellitto セルジオ・カステリット  (マリオ)
  • Maxime Foerste マクシメ・フェルステ  (リナ)
  • Sibylle Canonica ジビレ・カノニカ  (フリーダ)
  • Katja Studt カーチャ・シュトゥット  (レア)

(スタッフ)

(監督)

  • Sandra Nettelbeck サンドラ・ネットルベック

(プロデューサー)

  • Karl Baumgartner カール・バウムゲルトナー
  • Christoph Friedel クリストフ・フリーデル

(脚本)

  • Sandra Nettelbeck サンドラ・ネットルベック

(撮影)

  • Michael Berti ミヒャエル・ベルトル

(音楽)

  • Keith Jarrett キース・ジャレット
  • Arvo Part アルヴォ・ペルト 
  • David Darling デイヴィッド・ダーリング

(音楽プロデューサー)

  • Manfred Eicher マンフレート・アイヒャー

(編集)

  • Mona Brauer モーナ・ブロイアー

(内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

人付き合いに無関心な女性シェフが、周りの人間との触れ合いの大切さに気付いていくハートフルドラマ。最高の腕を持つ反面、人との関わりを軽視する料理店シェフ・マーサは、ある日事故で死んだ姉の娘を引き取ることに…。

(内容(「Oricon」データベースより)

仕事は一流だが人付き合いの苦手な女性シェフが、母親を失った少女や人生を楽しもうとするイタリア人シェフと接するうちに、自分の人生を見つめ直していく様を描くハートウォーミングムービー。

2007年10月22日 (月)

生きる(1952)

(解説)

黒澤明の「白痴」に次ぐ監督作品。脚本は「羅生門」の共同執筆者橋本忍と「海賊船」の小国英雄とが黒澤明に協力している。撮影は「息子の花嫁」の中井朝一。出演者の主なものは、「戦国無頼」の志村喬、相手役に俳優座研究生から選ばれた小田切みき、映画陣から藤原釜足、千秋実、田中春男、清水将夫その他。文学座から金子信雄、中村伸郎、南美江、丹阿弥谷津子。俳優座から永井智雄、木村功、関京子。新派では小堀誠、山田巳之助などである。

(あらすじ)

某市役所の市民課長渡邊勘治は三十年無欠勤という恐ろしく勤勉な経歴を持った男だったが、その日初めて欠勤をした。彼は病院へ行って診察の結果、胃ガンを宣告されたのである。夜、家へ帰って二階の息子たち夫婦の居...

生きる(1952) - goo 映画

(キャスト)

  • 志村喬 シムラタカシ  (渡邊勘治)
  • 金子信雄 カネコノブオ  (渡邊光男)
  • 関京子 セキキョウコ  (渡邊一枝)
  • 小堀誠 コボリマコト  (渡邊喜一)
  • 浦辺粂子 ウラベクメコ  (渡邊たつ)

(スタッフ)

(監督)

  • 黒澤明 クロサワアキラ

(製作)

  • 本木莊二郎 モトキソウジロウ

(脚本)

  • 黒澤明 クロサワアキラ
  • 橋本忍 ハシモトシノブ
  • 小国英雄 オグニヒデオ

(撮影)

  • 中井朝一 ナカイアサカズ

(音楽)

  • 早坂文雄 ハヤサカフミオ

(美術)

  • 松山崇 マツヤマタカシ

(内容紹介)

【黒澤明DVDコレクション】
*映像特典を簡素化・お求めやすい価格でリリース!
(THE MASTERWORKSシリーズとは別商品です。)

自分が胃がんに冒されていることを知った公務員の生きざまを通して、人間の真の生き甲斐を問うた1953年度ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作品。

【映像特典】予告篇

(内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより))

黒澤明が人間の真の生きがいを問うたヒューマンドラマの傑作。胃癌に冒され余命幾ばくもないことを知った公務員が、市民のために小公園を建設しようと奔走する姿を描く。主演の志村喬は、この作品で世界にその名を知られる名優としての地位を確立した。

 小生の会社にお昼のお弁当を届けてくれている会社の社長も胃癌の手術をして、胃がほとんどないそうです。それでもそれを感じさせない位、毎日、元気です。手術後、約10年程経過しているそうです。ほぼ、再発しないだろうとおっしゃっていました。小生はこの映画のタイトルである「生きる」という言葉に共感を覚えます。健康である事はいかに大切かという事を感じます。

2007年10月19日 (金)

ColorEdge CG241W[カラーエッジ]61cm (24.1) 型カラーマネージメント液晶モニター

Ce07Ce001 Ce08  今週、株式会社ナナオ製の[カラーエッジ]ColorEdge CG241Wをいつもサポートをしていただいている会社のマックス・エバンス似の○○さん経由で10日間の「無料お試しキャンペーン」にてお借りしています。ColorEdgeシリーズは厳密な色再現性能を必要とする出版・印刷、デザイン、デジタルフォトなどのプロフェッショナルワークをサポートする、キャリブレーション対応の液晶モニターとの事です。高い色再現性はもちろん充実した表示性能で、プロフェッショナルの高い要求に応えてくれるそうです。ハードウェア・キャリブレーションはほとんど自動で行ってくれるので、便利そうです。そして、DTPの現場で常にシビアな色を要求される側としては、やはり、ブラウン管モニターに勝る?液晶モニターの登場には期待が高まります。とりあえずカラーチャートを画面表示してColorEdge CG241WとSONYのハイエンドだったブラウン管モニターを比較すると、発色とコントラストは液晶モニターが群を抜いている感じですが、実際の色調はブラウン管モニターに一日の長が有りそうです。CMYKの色校正を念頭に置いたデリケートな色調補正はまだまだ後者の方がやり易いと思います。しかし、今後はいずれ劣化してくる、ブラウン管モニターの代わりとして液晶モニターをメインで使用しなくてはならなくなるのも遠い事ではありません。そうなった時、どの様にキャリブレーションの調整を行い、プリモジェット等のプリンタに連動させるかという事が課題となるでしょう...。Ce002 Ce003 Ce06_2

2007年10月17日 (水)

ホリデイ(2006)

(あらすじ)

 傷ついた心を癒すため、見知らぬ土地に旅立つ事を衝動的に決心したアマンダとアイリス。ネットを通じて知り合った二人は、ロスとロンドン近郊にあるお互いの家を2週間だけ交換する事に。こうしてロスからロンドンにやってきたアマンダは、同棲していた恋人と手ひどい別れをしたばかり。一方のアイリスは、片思いしていた同僚の婚約発表により失恋…。新しい土地で彼女たちを待っていたのは、美しい家と思い掛けない出会いだった。

(解説)

大人の恋を描くことに定評のあるナンシー・メイヤーズ監督が、“ホーム・エクスチェンジ”という題材を使って妙齢の女性の新しい恋を演出した。キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレットという最高のスターを得て、ロマンチックな物語に仕上がっている。もちろん、それぞれの恋の相手、ジュード・ロウとジャック・ブラックの男性陣も魅力たっぷり。2組の恋の行方を、アメリカとイギリスの時差を利用しながら同時進行していく語り口など、随所に古きよきハリウッド映画の精神が見え隠れしているのもいい。

ホリデイ - goo 映画

(監督)

  • ナンシー・メイヤーズ

(出演)

  • キャメロン・ディアス(アマンダ)
  • ケイト・ウィンスレット(アイリス)
  • ジュード・ロウ(グラハム)
  • ジャック・ブラック(マイルズ)

(商品の説明)

(内容紹介)

【私を変える、運命の出会い― 「ラブ・アクチュアリー」に続く、幸せを呼ぶプレシャス・ラブ・ストーリー登場!】

 ロサンゼルスで映画の予告編製作会社を経営するアマンダは恋人に浮気され、彼を家から追い出した。ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、元恋人に目の前で別の女性と婚約発表されて失意のどん底に。傷心の2人はインターネットの「ホーム・エクスチェンジ」サイトで出会い、お互いの家を交換して相手の家具や車を自由に使えるという休暇を過ごすことにした。まったく違う環境で2週間のクリスマス休暇に入った2人…。やがて、ロスのアイリスは作曲家のマイルズと、ロンドンのアマンダはアイリスの兄グラハムと出逢い、思いがけないラブ・ストーリーがはじまった――。

(Amazon.co.jp)

 欧米では話題の「ホーム・エクスチェンジ」をうまく採り入れたラブコメディ。これは、ネット上などの取り決めにより、見知らぬ者同士が、休暇中に家を交換し合うというもの。ハリウッドで映画の予告製作会社を経営するリッチなアマンダと、ロンドン郊外に住む新聞記者のアイリスが意気投合し、おたがいの家を貸し借りすることに。恋の傷を癒したいふたりは、別天地で気分転換。アマンダはアイリスの兄と、アイリスは映画音楽作曲家とイイ仲になっていく。
   ビバリーヒルズの豪邸と、おとぎ話に出てくるようなイギリスの素朴な一軒家。カルチャーギャップを楽しむ主人公ふたりを、キャメロンとケイトがそれぞれの持ち味を出して好演。これがどちらかだけの物語であったら、よくあるパターンだが、ふたりの物語にしたことで、観ているこちらも飽きることがない。作品のスパイスになっているのは、アマンダの近所に住む、ハリウッドの有名脚本家の存在。彼のおかげで、コアな映画ファンもほくそ笑むネタが登場する。年々、新鮮な設定が少なくなっていくラブコメというジャンルのなかで、物語、キャストともに健闘している佳作だ。(斉藤博昭)

 小生はこの映画でアマンダ役のキャメロン・ディアスは相変わらず可愛らしい役柄を演じていると思いました。そして、アイリス役のケイト・ウィンスレットが劇中で近所に住む、ハリウッドの有名脚本家だった老紳士と仲良くなるのですが、その老紳士役を演じているのがイーライ・ウォラック(「荒野の七人」や「続・夕陽のガンマン」、「ザ・ディープ」に出演)です。今年は何故か彼の出演する映画を偶然にもよく見てしまいました。それでも「続・夕陽のガンマン」に出ていた頃の若くて汚いイメージが小生の記憶に残っていましたが、この「ホリデイ」では彼も年を取った事を実感しました。しかし、相変わらずいい味を出している所がさすがだと感じました。

2007年10月15日 (月)

甥の結婚式に行ってきました(10月13日大安)

00302 029030006014011  甥の結婚式が大阪の天満宮で行われました。小生とヨメさんの2人で夜行バスにて、東京八重洲口を12日夜11時30分に出発しました。翌朝、8時過ぎに大阪駅に到着して、親戚の家に寄り、甥の弟の車に便乗して天満宮に向かいました。結婚式の舞台となる天満宮会館に到着後、予定の時刻に神前式の結婚式が行われました。ここの結婚式場は梅花殿と渡殿、そして本殿に分かれており、天満宮会館HPのコメントを引用すると、厳かな儀式の場にふさわしくすべてが凛とした空気につつまれた中で結婚式が進行して行きました。そして結婚披露宴では甥の兄弟二人が熱唱する「乾杯」が印象的でした。

00502 034038

続きを読む "甥の結婚式に行ってきました(10月13日大安)" »

2007年10月12日 (金)

IGAS 2007(東京ビッグサイト) HEIDELBERG JAPAN(来社されました)

Img012  一昨日、ハイデルベルグ・ジャパン(株)の担当者が来社されました。IGASでは展示ブースが過去最大の370小間という広大なスペースの中に多彩な印刷機器を展示していました。そして、それだけの広さを確保できるのもハイデルベルグ・ジャパン(株)さん1社だけではなく、アジア地区のハイデルベルグの各国支社が協力して参加しているそうです。(なんとメキシコからもこのアジア地区に参加しているとの事です。)さらに来場者に目を向けるとIGASでは中国からの来場者も多数あったそうです。今後、アジアを代表するIGASの様な大規模な見本市は日本ではなくて、中国で開催されるかも知れないという噂もあるそうです。確かに中国市場は印刷業者や印刷機器メーカーにとっても非常に魅力的な市場なのは間違いありません。華やかな見本市も終了し、日常の印刷業務に目を向けると、日本では東京を除いて、他の地域では仕事の発注数は減少傾向に有り、仕事を取るのにどの印刷業者も必死だそうです。担当者の言葉を聞くと「地方に行くほど、仕事がなくて困っています。」との事で、最近は遠方より、東京に印刷の仕事を受注しに来る会社もあるそうです。印刷機を売るのが仕事のハイデルベルグ・ジャパン(株)の担当者の方の気合と厳しい日本の印刷業界の実情がひしひしと伝わってきました。(LINK:ハイデルベルグ・ジャパン株式会社 IGAS 2007 情報

2007年10月10日 (水)

NANA(2005)

(解説)

同い年、同じ名前の20歳の女の子・ナナの、恋と友情を描いた青春ドラマ。監督は「約三十の嘘」の大谷健太郎。矢沢あいによる同名コミックを基に、浅野妙子と大谷が共同で脚色。撮影を「L'amant」の鈴木一博が担当している。主演は、「偶然にも最悪な少年」の中島美嘉と「ラブドガン」の宮崎あおい。

(あらすじ)

パンクバンド“ブラスト”のヴォーカリスト・大崎ナナと、恋人・章司を追いかけて東京へ向かおうとしていた小松奈々。同い年、同じ名前のふたりが出会ったのは、上りの新幹線の中だった。クールなナナとキュートな奈々...

NANA(2005) - goo 映画

(キャスト)

  • 中島美嘉 ナカジマミカ  (大崎ナナ)
  • 宮崎あおい ミヤザキアオイ  (小松奈々)
  • 松田龍平 マツダリュウヘイ  (本城蓮)
  • 成宮寛貴 ナリミヤヒロキ  (寺島伸夫)
  • 平岡祐太 ヒラオカユウタ  (遠藤章司)
  • 丸山智己 マルヤマトモミ  (高木泰士)
  • 松山ケンイチ マツヤマケンイチ  (岡崎真一)
  • 玉山鉄二 タマヤマテツジ  (一ノ瀬巧)
  • 伊藤由奈 イトウユナ  (レイラ)

(スタッフ)

(監督)

  • 大谷健太郎 (オオタニケンタロウ)

(製作)

  • 近藤邦勝 (コンドウクニカツ)

(プロデューサー)

  • 中沢敏明 (ナカザワトシアキ)
  • 久保田修 (クボタオサム)

(原作)

  • 矢沢あい (ヤザワアイ)

(脚色)

  • 浅野妙子 (アサノタエコ)
  • 大谷健太郎 (オオタニケンタロウ)

 この映画は中島美嘉宮崎あおいがダブル主演を務めました。2005年度、実写邦画観客動員数第2位、興行収入40億円の大ヒットとなったそうです。映画の中の歌もヒットしました。小生が印象的なのは「あたしたちの出会いを覚えてる?」等のハチ(宮崎あおい)の独特のナレーションやハチがナナ(中島美嘉)と共同生活を始め、「忘れられない夜にしてあげる」とナナが携帯をマイク代わりにテーブルの上で熱唱するシーンです。そして劇中での人気バンド「TRAPNEST(トラネス)」のライヴのシーンで、ハチがナナを誘ってそのライヴ会場に来ているのですが、そこでナナがレン(松田龍平)と運命的な再会を果たす所から話が盛り上がってきます。さらに「TRAPNEST」のカリスマ・ヴォーカリスト、レイラ(伊藤由奈)の登場シーンも衝撃的でしたが、実際にヒットした彼女のバラード曲「ENDLESS STORY」がバックに流れる中、愛し合いながらも別れたナナとレンの回想シーンがなんともいえない雰囲気で観る者のハートをくすぐります。この映画の中での雪の舞う冬のシーンはナナが赤いコートを着て歩く所、冒頭での雪で止まった新幹線、深い雪が残る「きたみなと駅」でのレンと「BLACK STONES(ブラスト)」の仲間との別れ等、非常に効果的に演出されています。そして、「BLACK STONES」のカリスマ・ヴォーカリスト、ナナの歌う「GLAMOROUS SKY」の躍動的な大ヒット主題曲は今でもつい、口ずさんでしまいます。よって、原作と歌と映像の素晴しさにより、小生の記憶に残る映画の一つとなっています。

2007年10月 8日 (月)

荒野の用心棒(1964)

(解説)

「ローマの旗の下に」のボブ・ロバートソン(セルジオ・レオーネ)がシナリオを執筆、自から監督した西部劇。ただし、黒沢作品「用心棒」の盗作であることを川喜多氏が発見、東宝は著作権の侵害で告訴して勝つなどの、いわくつきのもの。撮影はジャック・ダルマス、音楽はエンニオ・モリコーネが担当した。出演はTV「ローハイド」のクリント・イーストウッド、マリアンネ・コッホ、ジョン・ウェルズ(ジャン・マリア・ボロンテ)、ヨゼフ・エッガー、ヴォルフガング・ルクシーなど。テクニカラー・テクニスコープ。

(あらすじ)

無法者の横行する一八七二年のニュー・メキシコ。ある日ジョー(C・イーストウッド)という、腕利きの男が現われ、この町を二分するロホ兄弟の方に身を寄せることになった。もう一方の旗頭モラレスの手下四人を鮮や...

荒野の用心棒(1964) - goo 映画

(キャスト)

  • Clint Eastwood クリント・イーストウッド  (Joe)
  • Marianne Koch マリアンネ・コッホ  (Marisol)
  • John Wells ジョン・ウェルズ(ジャン・マリア・ボロンテ)  (Ramon)
  • Josef Egger ヨゼフ・エッガー  (Sivanito (Master of Bar))
  • Wolfgang Lukschy ヴォルフガング・ルクシー  (Baxter)

(スタッフ)

(監督)

  • Bob Robertson ボブ・ロバートソン(セルジオ・レオーネ)

(脚色)

  • Bob Robertson ボブ・ロバートソン(セルジオ・レオーネ)

(撮影)

  • Jack Dalmas ジャック・ダルマス

(音楽)

 淀川長治先生の解説によると、ご自身が「マカロニ・ウェスタン」という呼び方にしたのは、「荒野の用心棒」が日本に輸入された時、このイタリア製西部劇を海外では「スパゲッティ・ウェスタン」と呼んでいたらしいのですが、「スパゲッティでは細くてヒョロヒョロしているので、もう少し太いマカロニにしよう」という事でこの名称にしたそうです。淀川長治先生はこの「荒野の用心棒」に主演したクリント・イーストウッドとは「ローハイド」に出演している頃に会っているそうです。控えめで行儀が良く、まるで少年の様な印象だったそうです。その後、芽がでなくて、イタリアに渡り、この「荒野の用心棒」、「夕陽のガンマン」、「続・夕陽のガンマン」とヒット作に主演し、「マカロニ・ウェスタン」の大スターとなったのは誰もが知っている有名な話です。その後、ハリウッドに凱旋帰国して「ダーティ・ハリー」でさらに人気が出て、「許されざる者」、「マディソン郡の橋」では主演と監督を務めましたが、淀川長治先生はクリント・イーストウッドの印象を「役者としてもうまく、監督としても立派であり、しかも映画をよく知っていた」と著書で語っていらっしゃいます。

 小生が「荒野の用心棒」を初めて見たときは、あの有名なエンニオ・モリコーネの「さすらいの口笛」の哀愁を誘うメロディに酔い、ラバに乗ったクリント・イーストウッドが演ずる、ポンチョ姿とメキシコ煙草をくわえたひげ面の凄腕のガンマンに圧倒されました。ジャン・マリア・ボロンテの徹底した悪役ぶりが更にストーリーの緊張感を生み、最後のライフルと拳銃による決闘シーンは圧巻でした。その後、幾度となく、TV等で再放映されていますが、いつ見ても思わず、画面に引き込まれてゆく、いつまでも色あせない不思議な作品です。

(LINK:Wikipedia 『荒野の用心棒』 原題:Per un pugno di dollari  マカロニ・ウェスタン

西部劇私的博物館『用心棒』と『荒野の用心棒』

2007年10月 5日 (金)

IGAS 2007(東京ビッグサイト)PRIMOJET(プリモジェット)

Img010Img011  IGAS 2007に出展していた、FUJIFILMの担当の方が、昨日、来社されました。日本の印刷技術は世界でもトップクラスに有り、FUJIFILMのブースには海外からの来場者も含めて多数の方が訪れたそうです。同ブースには様々な用途の印刷機材が展示されていましたが、DDCPの「PRIMOJET(プリモジェット)」は特に海外の方にも人気があったそうです。やはり、1bit TIFF対応が有効なセールスポイントとなっている様です。さらにオフセット印刷と同じ近似的な網点の再現が出来るので、通常のカラーレーザーPSプリンタで出力してもチェックできない、デリケートな形状の商品写真などのモアレ等の発見に役立ちます。また、DIC等のインクに準じた特色の出力がRIP上で簡単に設定できるのも強みになっています。従来のフィルム出力ではポジフィルム出力後、簡易校正をファインチェッカーやコンセンサスで行ったり、色校正を手配していましたが、CTPが主流になってくると、DDCPは必要不可欠な存在となりました。そして、ポジフィルムをカンプに照らし合わせて、検版をしたり、網点濃度をルーペで確認したりする従来通りの作業工程がCTPでは出来ないので、DDCPの精度は色調のカラーマッチングと共に非常に高いものが要求されている様です。。(LINK:FFGS PRIMOJET 大日本印刷 色調確認が可能なリモートプルーフシステムを開発 印刷タイムス: 「PRIMOJET」発売1年半で500台を達成

2007年10月 3日 (水)

IGAS 2007(東京ビッグサイト)が終了しました

IGAS 2007に出展していた、いつもサポートをしていただいている会社のマックス・エバンス似の○○さんが、昨日、来社されました。ちなみに会場では昨年のJGAS2006の時と同じ様に小生が先に見つかってしまいました。相変わらず、面白いお話をされていらっしゃいました。

 IGAS 2007は印刷機材団体協議会の主催により「プリントメディアの未来―信頼と進化―」をテーマに、2007年9月21日(金)から、同27日(木)までの7日間、東京ビッグサイト東西の全10ホールを使用して開催されました。IGAS 2003に続き、世界に誇る四大国際展のひとつとなっているそうです。 来場者数は目標を達成する130,164人との事で、海外からの来場者数も目標の12,500人を超えたそうです。(確かに外国人の方も多かったです。)IGAS 2003では1bit TIFFがクローズアップされ、各社がCTP機を中心として各ブースで展示とデモを行っていたのが、つい昨日の様な記憶があります。その4年後のIGAS 2007が開催される迄の間には日本の主要な印刷会社にはCTP機が次々と導入されて行き、実際、日常でもCTP出力の仕事が増えました。それに伴い、従来の業種の淘汰が起き、廃業の話も多く聞く様になりました。編集・組版分野でもPDF/X1a等の最終データで作成保存して、CTP出力後、印刷という工程が増えました。Adobeが発売したInDesignはバージョンアップを重ねる度に日本市場における、ほぼ無敵と思われていたQuarkXPressの牙城を崩し、特にMac OS 9からMac OS Xへの移行に伴い、Mac OS X上で動く編集レイアウトソフトの主役となりつつあります。

 IGAS 2007ではオンデマンド印刷、UV印刷や大判ポスター作成の印刷機材が多く展示され、日本市場にほぼ行き渡ったと言われているCTP機の展示やデモは少なかった様に感じました。その様な中、ハイデルベルグを例にしますと、中小規模の印刷会社のニーズに応えたともいうべき、小型と中型の新機種スープラセッターシリーズA52/A74のCTP機を展示していました。同クラス最小の設置スペースで高いコストパーフォーマンスを誇り、大型のスープラセッターと同様に、1個のダイオードが切れてもイメージングを続行するインテリジェント・ダイオードシステムも装備しているそうです。

204178179

(LINK:JAGAT IGAS2007注目製品(プレス・ポストプレス、その他)

2007年10月 1日 (月)

IGAS 2007(東京ビッグサイト) No.12 Too (ブースNo.W311)

231230●PDFワークフロー「ewf PDF Central」
 この商品の特徴は、Adobe Acrobat DistillerやEnfocus PitStopなど業界標準PDFアプリケーションを組み合わせ、最適な自動PDF生成ワークフローを設計・運用するソリューションとの事です。Mac OS 9、OS X、Windows のDTPクライアントマシン環境をサポート。ユーザーは高速プリントキューに出力するだけでPDF 生成、プリフライト、アクション編集、面付・大貼、最後にPDF データのファイル管理の登録まで一貫して自動処理できるとの事です。

●デジタル校正ソフト「Proof Checker PRO」
 Proof Checker PRO(プルーフチェッカープロ)は、制作・編集工程での校正作業にターゲットを絞った、新しいコンセプトの商品だそうです。校正前後のPDFデータの差異を検出して、違う部分と内容を指摘し、校正作業を大幅に正確化・効率化してくれるそうです。RIP処理を必要とする製版工程での検査機器やソフトウェアとは異なり、制作・編集工程での校正運用を実現したそうです。

●高解像度インクジェットプルーフィングシステム「rosette Star Proof」
 イメージセッタによるプリプレス工程では、フィルムからケミカルプルーフの作成をアナログ工程を経て行っていました。ここでは、網点や製版処理の確認を容易にしかも高い信頼性をもって行うことができました。今日のCTPワークフローにおいては、最終出力工程である刷版出力直前まで1bitのデジタルデータのみが存在し、ここから信頼性の高いプルーフを得るためには、コストや手間のかかるDDCPや平台校正を用途に応じて使用しなくてはなりませんでした。また、一方ではインクジェットプリンタの品質向上がめざましく、低コストで高品位なプルーフシステムとして導入するユーザーも増えているそうです。しかしながら、従来のインクジェットプルーフでは品質や信頼性を犠牲にしなくてはならないケースも見受けられたそうです。 第二世代インクジェットプルーフ「rosetteStar Proof」(ロゼットスタープルーフ)は、最新のテクノロジーにより美しい網点表現、プレスシミュレーションコントロール、ICCプロファイルに依存しない自然なCMYKカラーマッチング処理などを実現し、この問題点を解決しているそうです。 rosetteStar Proofは、CTP時代のインクジェットプルーフソリューションとして、新しいスタンダードを提供し、CTPユーザの期待に応えてくれるとの事です。

Img00902 ●デザインワークでも「Mac OS Xが標準」という時代になったそうです。課題の多かったDTP分野でもMac OS Xが普及しているそうです。DTPソフトも、Adobe Creative Suite 3がIntel Macにネイティブ対応になり、Mac OS Xの最大限のパワーを発揮できる環境が整備されたとの事です。また、主要フォントメーカーのほとんどでOpenTypeフォントやMacOS X対応のCIDフォントが出揃っているそうです。さらには「Mac Pro」が発売になり、MacOS 9のアプリケーションが動作するPowerMacの販売が終了したことで、現在市販されているMacintoshはすべてMacOS Xのみの環境となりました。このためビジネスの展望を考えて、多くのお客様がMac OS X環境への完全移行を進めているそうです。(LINK:株式会社ソフトウェア・トゥー  株式会社Too

IGAS 2007(東京ビッグサイト) No.11 KONICA MINOLTA (ブースNo.W103)

220 ●DDCPシステム Digital Konsensus Premium
 印刷業界ではCTP化を起点としたデジタルワークフローの成熟期をむかえているそうです。しかしながらDDCPにおける色調や線画などの画像部の再現品質が高くなった現在でも、本紙の紙白や刷りの質感という印刷におけるアナログ的な要素を再現できず、平台校正刷りの残存率が高いまま完全デジタルワークフロー化への最後の障壁となっているそうです。
 デジコンプレミアムでは今までのDDCPでは再現不可領域であった「本紙の紙白」や「刷りの質感(ザラツキ感)」など、印刷における質感というアナログ領域まで再現幅を拡げ、パーフェクトなカラープルーフを軸とした完全デジタルワークフローの本格稼働を実現しているそうです。

ハイクオリティカラーレーザープリンター Pagemaster Pro 6500
 現在展開中の「Pagemaster Pro 6500」のシリーズ機として、新たに「Pagemaster Pro 5500」をラインアップし、IGAS2007で発表展示しているそうです。現行機より、更にイニシャルコストを低減したPagemaster Pro 5500は、高速カラーカンプ用途をメインターゲットとするとの事です。これによりオンデマンド印刷用途はPagemaster Pro 6500、カンプ用途はPagemaster Pro 5500、この二つのラインアップで印刷市場へ提案しているそうです。またこれに伴い、Pagemaster RIP 6500 ver.2.0(12月発売予定)では、オフセット印刷とデジタル印刷をJDFによって同一管理するハイブリッドワークフロー対応と、そのPDF処理の信頼性向上により、ワークフローの次世代化に対応していくそうです。

RGBワークフローシステム Imagehandler Pro
プリプレス生産管理支援システム Neostream Pro
その他新製品展示

(LINK:コニカミノルタグラフィックイメージング株式会社

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

他のアカウント

Facebook Twitter
無料ブログはココログ

Yahoo!

  • 天気予報
  • ニュース

最近のトラックバック

いつまでも...PowerMacintosh6100

DHCオンラインショップ

  • DHCロゴ
  • (DHC)ニューマイルドタッチクレンジングオイル
    DHCオンラインショップ
  • レスベラトロール+長命草
    DHCオンラインショップ
  • Q太郎フォースコリー
    DHCオンラインショップ
  • 女性のためのサプリメント
    DHCオンラインショップ

Sony Store

Sony Music Shop

  • JUJU
    Sony Music Shop

Link Share

  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
    アフィリエイトならリンクシェア
  • JAL 日本航空
    JAL 日本航空
  • ベルメゾンネット
    ベルメゾンネット
  • 富士通 WEB MART
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
  • NEC「得選街」
    NEC「得選街」商品イメージ画像付きショップロゴ
  • コーレル株式会社 Corel ストア
    コーレル株式会社 Corel ストア
  • NEC Direct(NECダイレクト)
    NEC Direct(NECダイレクト)
  • e87.com(千趣会イイハナ)
    e87.com(千趣会イイハナ)
  • シマンテックストア
  • モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション
  • FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
  • レノボ・ショッピング
    Go to Lenovo ボタン
[135x45]
  • 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
    犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
  • LicenseOnline ライセンスセンター
  • ジャストシステム直営ECサイト Just MyShop
    Just MyShop(ジャストシステム)
  • Scroll Shop(旧:ムトウOn-line Shop)
  • セシール
    セシール - セシールって、ちょっとヤルでしょ。
  • FUJIFILMネットプリントサービス
    FUJIFILM ネットプリントサービス
  • エプソンダイレクト株式会社

A8.net

Microsoft

  • Windows 7 Ultimateアップグレード版

ソフマップ.com

EIZOダイレクト

  • EIZOダイレクト 液晶テレビ 液晶モニター

マウスコンピューター

  • マウスコンピューター/G-Tune

ユナイテッド・シネマ

  • ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

PCソフト・周辺機器

  • Adobe Premiere Pro CS5.5 (V5.5) 日本語版 Macintosh版 Switch キャンペーン
  • MC380J/A Magic Trackpad

エプソンダイレクト株式会社

  • 製品総合
    エプソンダイレクト株式会社

JANet

日比谷花壇

  • 日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花
  • 花を贈るなら日比谷花壇へ

ご注文方法について

  • 当サイトはアフィリエイト プログラムによって商品をご紹介させていただいております。 アフィリエイトとは商品やサービスを販売・提供しているお店・企業と提携し、その商品やサービスをお客様に紹介する事で業務提携を結ぶことを意味しております。 したがって当サイトで紹介させていただいている商品は直接、当サイトから販売するのではございません。 ご購入の際は商品やサービスなどをご紹介しているリンク先のサイトでのご注文・ご購入となります。

Amazonリンク

  • 検索
  • おまかせリンク

Google AdSense