« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

IGAS 2007(東京ビッグサイト) No.10 SCREEN (ブースNo.W101)

Img009  大日本スクリーンは今回の「IGAS2007」では、「One Source Multi Print」をテーマに、新製品「Trueflow SE」を中心として、CTPやハイブリッドワークフローへの出力に加えて、Truepress Jet520やTruepress Jet2500UVなどのインクジェット印刷装置による出力まで、クライアントの新製品発売の準備を想定した様々な印刷のソリューションを提案しているそうです。特に2007年初頭から「PDFブレイク元年」と銘打ち、Adobe PDF Print Engine(APPE)を共有する「Adobe Creative Suite 3」など主要なDTPアプリケーションと、「Trueflow SE」の連携により、「One Source Multi Print」のコンセプトを具現化するとともに、2007年6月から8月までトレンドセミナー2007を開催したそうです。さらに1つのオリジナルPDFをさまざまな印刷方式に応用展開する効率的な印刷を基本コンセプトとして掲げ、入稿データのPDFへの移行を積極的に推進しているそうです。制作側と印刷側の双方が得意分野でのイニシアティブを発揮できる、無駄のない効率的なワークフローの構築を推進し、「One Source Multi Print」のテーマに沿って、印刷会社に求められる業態変革の一つであるワンストップサービスの実現を提案しているそうです。(LINK:大日本スクリーン製造株式会社

IGAS 2007(東京ビッグサイト) No.9 CANON (ブースNo.W404)

193  キヤノンシステムソリューションズは長年培った組版ノウハウと日本語処理技術を応用した製品開発を行っているそうです。本展示会では高機能ページレイアウトシステム「EdianWing」・オールインワン日本語DTPソフト「EDICOLOR」の最新バージョンを紹介していました。

Img008 Img007  キヤノンマーケティングジャパン株式会社はデジタル商業印刷の厳しい品質要求に応えるプロダクション複合機“imagePRESS”シリーズ、プルーフから面付け確認など幅広い用途に活躍する大判インクジェットプリンタ“imagePROGRAF”シリーズ、日本語ページレイアウトシステム “EdianWing”シリーズを中心としたグラフィックアーツ市場でのソリューションを紹介していました。(LINK:キャノン株式会社     キヤノン:International Graphic Arts Show 2007

IGAS 2007(東京ビッグサイト) No.8 EPSON (ブースNo.W403)

192227228  エプソンブースでは、独自のプリントヘッド技術「マイクロピエゾテクノロジー」を搭載した各種製品を一斉に出展していました。プリプレスからプレス、さらにはオンデマンドプリントまで、印刷・グラフィックアーツの幅広いビジネスシーンで活躍する、エプソンの「マイクロピエゾテクノロジー」の世界の一部を体感する事ができました。また、エプソン初のデジタル印刷機として、「インクジェットラベル印刷機(参考出品)」も展示していました。

229  大判インクジェットプリンタ「MAXART」シリーズの新商品として、新開発MicroPiezoTFヘッドを搭載した64インチ対応のプロフェッショナルビジネスモデル「PX-20000」をはじめとする全7機種を、10月下旬より順次発売するそうです。今回投入するのは、「PX-20000」のほか、高速POPプリントモード搭載のハイスピードモデル「PX-9550S」「PX-7550S」、ネットワークインターフェイス標準装備のハイクオリティモデル「PX-9500N」「PX-7500N」、新開発顔料インク搭載のRIP専用モデル「PX-9550」「PX-7550」の7機種だそうです。

 さらにエプソンは、今回の新商品全7機種の投入に加え、プリント活用の幅を広げるメディアの充実や目的に合わせた活用ソフトウェアを各種取り揃えることで、高画質を追及するフォト、ファインアート、デザイン、プルーフ等のプロフェッショナルユーザーから、高い生産性が必要とされるサインディスプレイや出力センターなどビジネスの現場まで、多様なお客の要望に応えた、大判インクジェットプリンタ市場の拡大に貢献して行くとの事です。(LINK:セイコーエプソン株式会社

IGAS 2007(International Graphic Arts Show 2007)|エプソン

新世代高速ヘッド搭載、64インチ対応の大判プリンタMAXART K3(VM)シリーズ「PX-20000」新発売(2007年9月19日) | ニュースリリース | トピックス | エプソン

IGAS 2007(東京ビッグサイト) No.7 DIC (ブースNo.W203)

21421401 21403  大日本インキ科学工業のブースでは、今回のIGAS2007において、「Color and Comfort by Chemistry-化学で彩りと快適を提案する」をテーマに、「色彩」「付加価値」「環境」の3 つのゾーンを設けて展示しているそうです。 大日本インキさんは明治41年(1908年)に印刷インキの製造を始めて、来年創業100周年を迎えるそうです。創業以来、今日に至るまで、印刷インキ、有機顔料、合成樹脂、機能製品、電子情報材料など、広く事業を展開してこられたとの事です。また、いち早くグローバル化を推し進め、現在、世界62ヵ国に所在する関係会社は213社にのぼるそうです。そして2008年4月1日に「DIC株式会社」に社名変更するとの事です。新しい商号である「DIC」(ディーアイシー)は、大日本インキさんの略称として国内外に広く浸透しているそうです。今般の商号変更により、大日本インキさんが培ってきたブランド資産を継承しつつ、英文表記とすることで、グローバルに事業展開する国際企業であることを明確にするとの事です。

215  また、今回のブースでは各界の著名人が選ぶ『My Favorite DIC Colors』、「ぴあ」の表紙イラストで有名な及川正通氏の特設ギャラリーなど、特別企画の美しいレイアウトが目を楽しませてくれました。 ちなみに会期中の7日間、ブースの受付で「DTP駆け込み寺のメールマガジンで見た」と申請し、名刺と交換で、1日あたり先着50名にDIC Six Color Selector を進呈してくれるとの事でした。

●DIC Six Color Selector(R)  について

 「DIC Six Color Selector(R)」 は、「DICカラーガイド(R)」、「DICカラーガイド・パート2(R)」に収録の1280色を、新しい印刷手法「DICシックスカラー・システム」によって近似再現したものだそうです。本システムは、専用の6色セットインキ(Cyan、Magenta、Yellow、Black、Orange、Green)を使用するもので、「DIC標準シックスカラープロファイル」を用いてDICカラーガイド収録色のCIE L*a*b*値を6色網点掛け合わせに分解、印刷しているそうです。通常の4色プロセスカラー印刷では再現できない色が再現でき、多数のスポットカラーを同時に印刷できることが分かるとの事です。

(LINK:大日本インキ化学工業株式会社

2007年9月29日 (土)

IGAS 2007(東京ビッグサイト) No.6 Hewlett-Packard (ブースNo.W204)

185197 19119002 19001 19003

 日本HPのブースでは、今回の"IGAS2007"において、「Digital Difference~新たなビジネスチャンスを創造する、HPのデジタル印刷ソリューション~」をテーマに掲げ、世界最新鋭の印刷機を国内初披露しているとの事でした。おもな内容としてはグラフィックアーツ関連製品群~デジタル印刷機(Indigo), ハイパフォーマンスインクジェット(Scitex), 大判プリンタ(designjet)そして高速カラー複合機(Edgeline)~を一堂に展示していました。また、毎日5セッション開催する『HPグラフィックアーツ・ソリューション・セミナー』では、HPの広範な製品群の全体像と、各製品カテゴリの具体的な優位性を紹介していました。日本HPのグラフィックアーツ分野でのトータルソリューションを体感することが可能となっていました。 特にHP Scitex TJ8500から印刷された巨大なポスターを専用の細長いhpのロゴの入ったあずき色の袋に入れて肩に担いで歩いている来場者を会場内で多数見かけました。(LINK:日本ヒューレット・パッカード株式会社

2007年9月28日 (金)

IGAS 2007(東京ビッグサイト) No.5 Kodak(ブースNo.W104)

21721921901  コダックブースでは、今回の"IGAS2007"において、「Print Is..」をテーマに掲げ、印刷工程の全体最適化を実現するKodak Unified Workflow(ユニファイド ワークフロー)ソリューションを提唱し、オフセット及びデジタル印刷のデモンストレーションを含め、Kodak Unified Workflowを具現化する革新的なテクノロジーと多彩なソリューション、そしてそれらを活用した多彩な印刷アプリケーションも展示・実演しているそうです。

また、今回のIGASで初めて日本に紹介する製品を数多く出展しているとの事です。

◆Kodak Trendsetter 400 /800 UHR プレートセッター <新製品>
超高解像度 12,800dpiで、特殊高精細美術印刷やセキュリティ印刷に最適なサーマルCTPだそうです。9月1日に販売を開始しましたが、国内展示会での出展は今回が初めてとなるそうです。(UHR:Ultra High Resolutionの頭文字)

◆Kodak Sword Eco Solution <新製品>
新製品のKodak Sword J (スォード ジェイ) サーマルプレートと新現像システムの組み合わせにより、環境対応性と経済性を高めたサーマルCTPソリューションとの事です。

◆Kodak NexPress S3000デジタルプロダクション カラープレス <新製品>
オンデマンド型電子写真方式フルカラー デジタル印刷システムの最新鋭機種だそうです。
印刷機に匹敵する耐久性と高品質を実現しながら、A4サイズで毎分100ページの高生産性を備え、最大 月220万ページの印刷も可能との事です。10月1日より販売を開始するそうです。

◆Kodak Versamark VT3000 プリンティングシステム <日本初公開>
印字解像度300×600dpi、最高毎分150mのスピードで、幅広いアプリケーションに最適な大量印刷向け超高速インクジェットプリンティングシステムだそうです。
IGASキャンペーンとして、特別価格での提供をしているそうです。

また、盛りだくさんのブース内をガイドがご案内するブースツアーも実施しているそうです。

◆IQSMART3 scanner(ハイエンド・スキャナ)

218  近年のデジタルカメラの著しい普及に伴い、スキャナーの需要は減っており、プロフェッショナルの現場でもその波は押し寄せて来ている様です。それでもEversmartシリーズのプロフェッショナル向け平面スキャナーで有名なクレオジャパン株式会社は継続してEversmartシリーズ/iQsmartシリーズを販売しています。(コダック社のグラフィック コミュニケーションズ グループのクレオジャパン株式会社とコダック ポリクローム グラフィックス株式会社は、2007年5月1日付けで事業を統合し、新会社「コダック グラフィック コミュニケーションズ株式会社」を設立したそうです。)会場でコダック社のスキャナー担当の方の説明を受けましたがスキャナーとパソコン本体との接続は最近、IEEE1394がメインとの事ですが、旧式とされる、SCSI形式は意外と転送速度が速く、安定しているそうです。新型のiQsmartシリーズはMac OS X上でソフトの操作をする様ですが、本体の操作自体はコンシューマー向けと変わらないくらい簡単になったとの事です。(LINK:コダック グラフィック コミュニケーションズ株式会社

2007年9月27日 (木)

IGAS 2007(東京ビッグサイト) No.4 MORISAWA(ブースNo.W102)

221225226186187188  今回の"IGAS2007"では、「CREATIVE ENERGY」をテーマに技術とノウハウを活かした新製品と、成長著しいWebの世界への提案をはじめ、新しい世代のデジタルパブリッシング環境へ向けて展示発表をしています。モリサワ全フォントが52,500円で1年間使える「MORISAWA PASSPORT」などのフォント製品をはじめ、さらなる高速・高画質・高信頼性を実現したオンデマンド印刷機「RISAPRESS シリーズ」や、高い生産性を実現するXML技術を中心としたプロフェッショナルな組版ソリューションが好評のソフトウェア群も併せて展示・紹介しています。

【CREATIVE ENERGY Corner】
 今回のモリサワさんのブースでのメインステージでは、デザインの可能性を引き出す「Neo DTP三種の神器」を中心に、より高性能なツールと自由なフォント選択による新しいデザイン表現力や創造性を楽しい映像で紹介していただきました。中でも、美しく可読性に優れたモリサワフォントは、さまざまな製品に採用されているとの事です。家庭用ゲーム機、鉄道車両インフォメーションパネル、ゲームソフト、デジタルテレビ、アナログテレビ、ハードディスクレコーダー、携帯電話、人工透析機、電子血圧計、ラベルプリンタ、などの採用事例を紹介していただきました。

 アドビシステムズ株式会社も同ブースメインステージ内にて1日3回、Creative Suite 3のステージプレゼンテーション、デモポッドを用意しているそうです。

222223224  AppleからはMac Pro購入の手引きを説明されました。現在、Quick Silverまでの多くのPower Mac G4のハードウェアサポートが終了し、正式に残っているのはMDDのみとなったそうです。しかし、それも来年には終了し、故障したら、修理できない可能性が大きくなるそうです。ある日、突然やってくるかも知れないトラブルを防止する為にも、Mac OS X 10.4を搭載し、Adobeや他メーカーのソフトの動作保障、及び実績のある、現行のMac Proの導入をご検討されてはいかがでしょうか?との提案がありました。Power Mac G5 2.7GHzと比較しても、約4倍、Mac Proの方が速いそうです。特にAdobeイラストレータ 10.0、フォトショップ 7.0、インデザイン 2.0、QuarkXPress 6.5JもMac ProのMac OS X 10.4のRosetta上で動かせるので、仕事上で便利ではないでしょうか?とAppleの方は言っていました。New CIDフォントもMac OS X 10.4にはインストール可能なので旧マシンからの環境の移行もスムーズにできるとも言っていました。新しいMac OS X レパード搭載のMac Proが10月より発売予定だそうです。このOSになるとAdobe CS3等はアップデータで対応すると思われますが、それ以外の既存のソフトが動かない可能性もあるので、Mac OS X 10.4を搭載した現行バージョンのMac Proを今のうちに買いましょうと言っていました。(LINK:株式会社モリサワ

2007年9月26日 (水)

IGAS 2007(東京ビッグサイト) No.3 EIZO(ブースNo.E536)

198 19803_219802  EIZOブースでは、ColorEdge全機種の実機展示を行っていました。カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge(カラーエッジ)」は、厳密な色再現性能を必要とする出版・印刷、デザイン、デジタルフォトなどのプロフェッショナルワークをサポートする、キャリブレーション対応の液晶モニターだそうです。高い色再現性はもちろん充実した表示性能で、プロフェッショナルの高い要求に応えてくれるそうです。定番商品として有名なFlexScanシリーズと今回、展示しているColorEdgeシリーズの違いとしては、高品質な液晶パネルを採用するだけでなく、正確な階調表現のために1台ごとに調整を実施しているそうです。また、常に正確な表示を維持するために、精度の高いハードウェアキャリブレーションに対応しているそうです。写真の加工編集やグラフィックデザインなど、モニターの表示品質にこだわる、全ての方に最適な製品と言えるそうです。

 どんなに高品質なモニターであっても、製品ごとの表示品質には若干のばらつきが発生するとの事です。さらに長期間使用を続ければ、表示品質の変化は避けられません。そのため常に正しい表示を保つためには、モニターの表示状態の定期的なメンテナンスが非常に重要となるそうです。そのメンテナンスのために、ツールを用いてモニターの表示状態の調整を行う、「キャリブレーション」にEIZOさんは力を入れているそうです。
 また、キャリブレーションの結果としてモニターの表示特性を記述した「カラープロファイル」を得ることができ、プリンタやデジタルカメラなど機器ごとのプロファイルを参照することにより、かなりのレベルまで機器ごとの表示色を揃えることが可能になるそうです。モニター表示とプリンタの印刷結果の色が合わない、そんな悩みもキャリブレーションによりかなり解消することができるとの事です。

 EIZOさんでは法人向けにColorEdgeシリーズの無料お試しキャンペーンも実施しているそうです。(LINK:株式会社ナナオ

2007年9月25日 (火)

IGAS 2007(東京ビッグサイト) No.2 HEIDELBERG JAPAN(ブースNo.E426)

199207182183184200201208210  ハイデルベルグの印刷機が初めて日本に上陸してから、今年で80年になるそうです。1927年当時はドイツの小さな活版機メーカーに過ぎなかったそうですが、80年の歳月を経て、いまや世界唯一のトータルソリューションプロバイダに育ったとの事です。(展示ブースも広いです...。過去最大の370小間だそうです。)今回は「Connect for Success 次世代に引き継ぐ、成功のDNA」をテーマとして印刷経営の最新のソリューションを紹介すると同時に、80年間の同社の顧客が成し遂げて来た世界的な成功の歴史を振り返るそうです。具体的に紹介していただいた、印刷機は「CD74-6+LX UV+フォイルスター」という高付加価値機です。紙以外にも刷れるUVコーターとインライン・コールドフォイル加工ユニットを装備しているそうです。最初のユニットで接着剤を塗布し、2番目のユニットで実際にフォイル加工を行うそうです。(通常のオフセット印刷の版を使用する為、ホットスタンプに比較して、コスト削減、及び細かい絵柄にも対応できるのが強みだそうです。)次に紹介していただいたのは、「SM52-10-Pアニカラー」という革新的なインキング装置です。特徴は印刷の前準備段階で紙のロスをわずか5~10枚に削減した驚異的な両面兼用機との事です。(デジタル印刷に十分対抗できる、極小ロットのオフセット印刷機に、さらに両面ワンパス印刷という強みが加わったそうです。)(LINK:ハイデルベルグ・ジャパン株式会社

2007年9月24日 (月)

IGAS 2007(東京ビッグサイト)No.1 FUJI FILM(ブースNo.W201)

170 194 232172174175

 9月22日に印刷組合のバスに便乗してIGAS 2007を見てまいりました。最初にFUJI FILMさんのブースでオンデマンド印刷を中心とした説明を受けました。特設ステージで株式会社 大変身印刷、第一営業課の奈瀬羽 成美(なせば なるみ)様のインタビューを拝見させていただきました。地理情報システムを採用した、地域密着型のきめ細かい顧客情報に基づく、「お客さまの利益最優先」をモットーとした付加価値の高い共同開発商品を創造して行くというコンセプトをFUJI FILMさんの各種新製品を使って紹介してもらいました。(LINK:富士フィルムグラフィックシステムズ株式会社

2007年9月21日 (金)

さようなら...。ザ・コン(1990~2007)

Laox04  秋葉原の「ラオックス ザ・コンピュータ館」(通称ザ・コン)が1990年よりオープンして17年間が経ちます。2007年9月20日をもってザ・コンピュータ館が閉店しました。夜7:00時の閉店には間に合いませんでしたが、裏側の入り口のシャッターが夜8:00時位前に完全に閉まりました。シャッターが閉まる前に店員さんが「ありがとうございました。」と手を前に組み、お辞儀をして、最後の挨拶をしていたのが印象的でした。(その入り口の周りにはギャラリーが集まり、携帯とデジカメで撮影をしていました。)ラオックス ザ・コンピュータ館殿、17年間、夢を与えていただき、本当にありがとうございました。(LINK:AKIBA PC HOTLINE【2007年9月22日号】LAOX THE COMPUTER館が17年の歴史に幕、拍手で見送り

三浦優子の「IT業界通信」【 9月26日】 第37回:時代を背負ったラオックス ザ・コンピュータ館が閉じた日

2007年9月19日 (水)

拝啓、Mac Power様。(第一回、公開編集会議の思い出)

Mac_power02 Mac_power01  2007年9月は小生が約17年前から拠り所としていた2つの偉大な存在(LAOX ザ・コンピュータ館とMac Power誌)から、サヨウナラをされた年として、しばらく記憶に残ると思います。18日発売のMac Power誌に休刊のお知らせが出ていました。高橋幸治(マックパワー編集長)さんと初めてお会いしたのは2002年12月7日にマックパワー・マックピープル公開編集会議に参加した時でした。(といっても小生は単なる聴衆に過ぎませんが...。)この日は雨で肌寒い日でしたが、ゲストとして講演された第一部、「Mac OS 進化の行方」の柴田文彦さん、第二部、「マック業界2002年を振り返る」の林 信行さんの両名のお話は熱気のある非常に印象的な内容でした。

 第一部の柴田文彦さんの講演の中で、開発コードが「カポネ」と呼ばれていたSystem 7.5の壮大な開発秘話やFDのカビ予防等のお話は今でも小生の脳裏にしっかりと残っています。

 第二部において、林さんが来年(2003年)のWWDC(世界開発者会議)でPowerPC970を搭載した新型マシン(Power Mac G5)が発表されると予測し、半年後に現実にその発表があった時は林さんの持っている情報力の的確さを知る事となりました。

 その日の公開編集会議を終えて退出する時、石坂康夫(前マックパワー編集長)さんと握手できたのは良い思い出となっています。

※当時、小生はPowerPC970を搭載した新型マシンが欲しいがゆえに貯金をしました。しかし、2009年8月に発売されたMac OS X Snow LeopardでPower Mac G5もインストール対象外となってしまったのは残念な事でした。また、G5のラインナップに有った水冷マシンは、発売から年月を経るに従い、筺体から水が溢れ出すというトラブルも起き始めているそうです。小生がDTPに使用している主な業務用のMacintoshの中で、Power Mac G5、2.0GHz DC (Late 2005)はUSBドングルしか認識できないので、OS9のネイティブ起動が出来てiMate経由でほぼ全てのADBドングルが認識可能なデュアルブート対応のG4MDDほど便利でもなく、Mac OS X Snow Leopardの64-bit起動やBoot CampでのWindows 7の64-bitネイティブ起動が可能なMac Pro(Early 2008以降)ほどの将来性もなく、結局、中途半端な存在であり続けて行きそうです。このMacintoshの機種別の栄枯盛衰の歴史もよくある話なのですが、新規購入マシンを少しでも長く使用する為にも買うタイミングを判断する情報収集力が今後はさらに必要となりそうです。

2007年9月17日 (月)

秋刀魚の味(1962)

(解説)

「小早川家の秋」のコンビ、野田高梧と小津安二郎が共同で脚本を執筆。小津安二郎が監督した人生ドラマ。撮影は「愛染かつら(1962)」の厚田雄春。

(あらすじ)

長男の幸一夫婦は共稼ぎながら団地に住んで無事に暮しているし、家には娘の路子と次男の和夫がいて、今のところ平山にはこれという不平も不満もない。細君と死別して以来、今が一番幸せな時だといえるかもしれない。...

秋刀魚の味(1962) - goo 映画

(キャスト)

  • 笠智衆 リュウチシュウ  (平山周平)
  • 岩下志麻 イワシタシマ  (平山路子)
  • 三上真一郎 ミカミシンイチロウ  (平山和夫)
  • 佐田啓二 サダケイジ  (平山幸一)
  • 岡田茉莉子 オカダマリコ  (平山秋子)

(スタッフ)

(監督)

  • 小津安二郎 オヅヤスジロウ

(製作)

  • 山内静夫 ヤマウチシズオ

(脚本)

  • 野田高梧 ノダコウゴ
  • 小津安二郎 オヅヤスジロウ

(撮影)

  • 厚田雄春 アツタユウハル

(音楽)

  • 斎藤高順 サイトウタカノブ 

(美術)

  • 浜田辰雄 ハマダタツオ

(編集)

  • 浜村義康 ハマムラヨシヤス

(録音)

  • 妹尾芳三郎 セノオヨシサブロウ

(スチール)

  • 小尾健彦 オビタケヒコ

(照明)

  • 石渡健蔵

(Amazon.co.jp)
   共に暮らす娘の婚期を気にかけながら生きる、元海軍将校のサラリーマン。やがて娘を嫁がせる彼の孤独と老いをあらわにした、名匠小津安二郎監督ならではのヒューマンコメディである。
   全編ほのぼのとしたやりとりが続くなか、そこはかとない人生の厳しさや空しさなどが、達観した演出によりチラホラ見え隠れする。小津作品の常連である笠智衆の父親像も好演だが、娘役の岩下志麻の快活さも、それまでの小津作品とは違った味わいを醸しだしている。飲み屋で『軍艦マーチ』を聞きながら、ユーモラスに敬礼を交わし続ける人々のせつないシーケンスも、忘れがたい印象を残してくれる。
   なお、この作品は小津監督の遺作となり、翌年、60歳の誕生日に息を引きとった。(的田也寸志)

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
 婚期を迎えた娘と暮らす初老のサラリーマンの姿をコメディタッチの演出で贈る巨匠・小津安二郎監督の遺作。妻に先立たれた夫、娘を嫁に出す父親という小津安二郎が生涯を通して描いてきたテーマが、遺作である本作でも描かれる。
 

2007年9月14日 (金)

拝啓、マイクロソフト様。

Vista_cash_backキャンペーン期間中に、Microsoft Windows Vista、the 2007 Microsoft Office system のパッケージ製品を購入し、専用申込書で申し込めば、対象製品に応じて 5,000 円または 2,500 円を約2ヶ月後位にキャッシュバックしてくれるという、おいしい話?が現実のものとなり、予想を超える早さで、今週、小生の口座にも振り込まれていました。ありがとうございます。大感謝でございます!Vistaをインストールした暁にはパフォーマンスモニタ?で5.1以上を出せる様にハード選びを慎重にして行きます。(自己満足でしかありませんが...。)

2007年9月12日 (水)

ボディガード(1992)

(解説)

ショービジネス界のトップスターと、そのボディガードとの恋を描くラヴ・ストーリー。監督は「L.A.ストーリー 恋が降る街」のミック・ジャクソン、製作・脚本は「わが街」のローレンス・キャスダン、共同製作は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のジム・ウィルソンと主演のケヴィン・コスナー、撮影は「L.A.ストーリー 恋が降る街」のアンドリュー・ダン、音楽は「永遠に美しく…」のアラン・シルヴェストリが担当。

(あらすじ)

フランク・ファーマー(ケヴィン・コスナー)は、世界でも屈指の実力を持つボディガード。ある時、歌手兼女優のスーパースター、レイチェル・マロン(ホイットニー・ヒューストン)の護衛を依頼される。最近彼女の身...

ボディガード(1992)(1992) - goo 映画

(キャスト)

  • Kevin Costner ケヴィン・コスナー  (Frank Farmer)
  • Whitney Houston ホイットニー・ヒューストン  (Rachel Marron)
  • Gary Kemp ゲイリー・ケンプ  (Sy Spector)
  • Bill Cobbs ビル・コッブス  (Devaney)
  • Ralph Waite ラルフ・ウェイト  (Herb Farmer)

(スタッフ)

(監督)

  • Mick Jackson ミック・ジャクソン

(製作)

  • Lawrence Kasdan ローレンス・カスダン
  • Jim Wilson ジム・ウィルソン
  • Kevin Costner ケヴィン・コスナー

(脚本)

  • Lawrence Kasdan ローレンス・カスダン

(撮影)

  • Andrew Dunn アンドルー・ダン

(音楽)

  • Alan Silvestri アラン・シルヴェストリ

(美術)

  • Jeffrey Beecroft ジェフリー・ビークロフト

(編集)

  • Richard A. Harris リチャード・A・ハリス

(内容紹介)
【映像特典】
1. ドキュメンタリー:ボディガードの思い出(約30分)
2.ミュージック・クリップ: I Will Always Love you(約5分)
3. オリジナル劇場予告編
《監督》 ミック・ジャクソン
《脚本》 ローレンス・カスダン
《出演》 ケビン・コスナー ホイットニー・ヒューストン ミシェル・ラマ・リチャーズ ゲイリー・ケンプ


(Amazon.co.jp)
   人気の絶頂にあったケビン・コスナーとミュージック界のトップスター、ホイットニー・ヒューストンが共演したことで話題となったラブ・サスペンス。ケビンが演じるのはプロのボディーガード。感情を表に出さず仕事に徹するクールな役柄をばっちりキメており、役者としての勢いの良さを感じさせる。ホイットニーが演じるのは女優でもあり歌手でもあるというトップスター。現実と同じような役を演じるという二重構造がおもしろい。

   彼女の起用を思いついたケビンは彼女のスケジュールが空くのを1年待ってクランク・インしたとか。ホイットニーは映画初出演ながら気負うことなく自然に役を演じ、トップシンガーとしてきっちり主題歌もヒットさせている。何者からか脅迫されるトップスターを警護することになるケビン。いつしか2人の間に愛が芽生え、愛のために命を懸けて彼女を守るようになる。ケビン・コスナーがひたすらカッコいい、魅力全開の1本。(井上新八)

2007年9月10日 (月)

用心棒(1961)

(解説)

「筑豊のこどもたち」の菊島隆三と、黒澤明のオリジナル・シナリオを、「隠し砦の三悪人」の黒澤明が監督した娯楽時代劇。撮影は「婚期」の宮川一夫。

(あらすじ)

馬目の宿は縄張りの跡目相続をめぐって一つの宿湯に二人の親分が対立、互いに用心棒、兇状特をかき集めてにらみ合っていた。そこへ桑畑三十郎という得体の知れない浪人者がふらりとやって来た。一方の親分馬目の清兵...

用心棒(1961) - goo 映画

  • 三船敏郎 ミフネトシロウ  (桑畑三十郎)
  • 東野英治郎 トウノエイジロウ  (居酒屋の権爺)
  • 河津清三郎 カワヅセイザブロウ  (馬目の清兵衛)
  • 山田五十鈴 ヤマダイスズ  (女房おりん)
  • 太刀川寛 タチカワヒロシ  (伜与一郎)
  • 山茶花究 サザンカキュウ  (新田の丑寅)
  • 加東大介 カトウダイスケ  (新田の亥之吉)
  • 仲代達矢 ナカダイタツヤ  (新田の卯之助

(スタッフ)

(監督)

  • 黒澤明 クロサワアキラ

(製作)

  • 田中友幸 タナカトモユキ
  • 菊島隆三 キクシマリュウゾウ

(脚本)

  • 菊島隆三 キクシマリュウゾウ
  • 黒澤明 クロサワアキラ

(撮影)

  • 宮川一夫 ミヤガワカズオ

(音楽)

  • 佐藤勝 サトウマサル

(美術)

  • 村木与四郎 ムラキヨシロウ

(録音)

  • 三上長七郎 ミカミチョウシチロウ

(スクリプター)

  • 副田正男 

(照明)

  • 石井長四郎 イシイチョウシロウ

(Amazon.co.jp)
   ふたつの勢力が対立している宿場町にふらりと現れた謎の浪人。桑畑三十郎(三船敏郎)と名乗る彼は、両方の親分に自分を用心棒として売り込みつつ、双方を巧みに争わせて壊滅に追い込んでいく。
   黒澤明監督が「今度はチャンバラだぞ!」と元気に叫びながら製作にあたった、娯楽時代劇映画であり、まるで江戸時代の宿場町を舞台にした西部劇のような、日本映画離れしたユーモアとアクションのセンスに満ちあふれた、映画史上に残る大傑作である。三船敏郎、一世一代の当たり役。そのおもしろさは海の向こうでも評判となり、後にイタリアで『荒野の用心棒』、アメリカで『ラストマン・スタンディング』と翻案リメイクもなされたほど。オーケストラからヴァイオリンを抜いて構成された佐藤勝の音楽も、映画音楽史上に残る優れものである。(的田也寸志)

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
娯楽映画の技巧を追及して作り上げられた、三船敏郎主演の傑作時代劇。やくざの2大勢力が縄張り争いに明け暮れる荒廃した小さな宿場町。そこに流れついた凄腕の浪人が、用心棒として雇われる振りをし、逆に両派を同士討ちさせようとする。

2007年9月 7日 (金)

MacintoshでDTPの達人になる(1993)黎明期の「MacPower」誌の編集長へのインタビュー

Dtptatsujin

 この本にはDTPの達人へのインタビューが最初の第1章に掲載されています。その方は1993年当時、月刊の商業印刷物としては日本ではじめて完全なDTP化を実現した、株式会社アスキーの「MacPower」誌の編集長だった、戸島国雄先生です。「MacPower」誌は創刊が1990年の1月ですが、その年の7月号から完全DTP化になったそうです。編集ソフトはQuarkXpressを使用していると記載されています。デザイナーのマシンはIIfxでSystem6.0.7のOSが安定しているので、メインで使用しているそうです。編集者は漢字Talk7に移行していると記載されています。当時は既にQuarkXpress 3.11JとAldus PageMaker 4.0JがDTPレイアウト編集ソフトの双璧でしたが、戸島国雄先生はQuarkXpress 3.11Jの方が「4色分解が単体でできる事とアプリケーションとして奥行きがある為です。」と選択の理由を語っていらっしゃいます。この「アプリケーションとして奥行がある」という表現は大変おもしろい言葉ですが、現場を経験した方の意見として、一般的にQuarkXpressの機能がDTP作業には向いているのをこの1993年の時期に見抜いていたのには小生も驚かされます。戸島国雄編集長を筆頭として非常に個性的で魅力的なスタッフによる「MacPower」誌が他のMac専門誌と違っていたのは、完全なDTP化だけではなく、「はだかの王様」を指摘した子供の様に、真実を見極める視点を持っていた事です。Apple製品を常に賞賛する記事が多い中、「MacPower」誌は批判の記事を正直に掲載する事もありました。小生もそのやや辛口な内容とスタッフのユーモアに惹かれて長年に渡り、購読してまいりました。

2007年9月 5日 (水)

ソフマップ秋葉原本館(9/6開店のハガキが来ました)

Sofmapb Sofmapf  ソフマップの秋葉原本館が9/6に誕生するという、お知らせのハガキが、おととい来ました。秋葉原の他の店も9/13に全14店舗が新装開店するとの事だそうです。今、リニューアルに向けた改装が行われているのを各店舗で夜になると見かけます。(シャッターが降りているので、中はよく見れませんが、陳列台を移動している社員の方とは店舗前の歩道でよくすれ違います。)ソフマップは社員の方が非常に明るく、親切なので今後も伸びる要素があふれている感じを受けます。今後に期待します。

(Link:「ソフマップ秋葉原本館」が6日に開店

サヨナラ ザ・コン第二弾(9/20店じまいです)

Pmg5  秋葉原の「ラオックス ザ・コンピュータ館」(通称ザ・コン)が1990年よりオープンして17年間が経ちます。2007年9月20日をもってザ・コンピュータ館が閉店します。昨日はザ・コンピュータ館に足を運んでみました。店舗の来客の状況は予想以上に賑わっていました。店じまいの売り尽くしセールが8月25日より始まっており、閉店発表前の客数とは比較にならない、長年のザ・コンに対して小生が持つイメージ通りの賑わいを久々にみせていました。3FのMacコーナーの中古売り場にはついにG5のQuadコア2.5GHzが約398000円位で、同じくG5のデュアルコア2.3GHzが約348000円位で化粧箱に入った状態で展示されていました。OS9起動のクイックシルバーとMDDのG4が約69800円~約179800円位で多数展示されていましたが1.25GHzデュアルから、売れてなくなっていました。昨日は一番安い、クイックシルバーを購入されているお客をみました。5Fのソフトコーナーに展示されているAdobeのWindows版CS3は店頭販売価格(定価より安い)のさらに20%オフで売られており、Acrobat 8を購入しているビジネスマンを見かけました。(例えば「Adobe Creative Suite 2.3」のユーザーが通常の正規ルートで「Adobe Creative Suite 3 Design Premium」にアップグレードする場合、アドビストアで購入するのが、一番安い方法ですが、今回はザ・コンの方が安いです。)

イチロー、祝7年連続200安打 !

 米国、大リーグのシアトル・マリナーズのイチロー外野手は3日、当地のヤンキースタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース戦で7年連続の年間200安打を達成しました。大リーグ史上3人目、歴代2位で、1983年から7年連続のウェード・ボックスに並んだそうです。

「イチロー、7年連続200安打、おめでとうございます!」

 今回のイチローは過去に20打数2安打と苦手としていたらしい、大投手のロジャー・クレメンス投手と対戦し、本塁打で200安打目を達成したので、さらにあっぱれ!です。(今年は第78回オールスター戦で史上初のランニングホームランを放って、見事、MVPに輝いています。Link:イチロー、7年連続200安打への道

2007年9月 3日 (月)

パッション(2004)

(解説)

新約聖書をもとに、イエス・キリスト最後の12時間と復活を描いた物語。監督・製作・共同脚本は「ブレイブハート」のメル・ギブソン。撮影は「パトリオット」のキャレブ・デシャネル。美術は「マレーナ」のフランチェスコ・フリジェリ。衣裳も「マレーナ」のマウリツィオ・ミレノッティ。出演は「ハイ・クライムズ」のジム・カヴィーゼル、「マレーナ」「マトリックス レボリューションズ」のモニカ・ベルッチ、「ユリシーズの瞳」のマヤ・モルゲンステルンほか。

(あらすじ)

紀元1世紀のエルサレム。イエス(ジム・カヴィーゼル)は、十二使徒の一人であるユダ(ルカ・リオネッロ)の裏切りによって大司祭カイアファ(マッティア・スブラージア)が差し向けた兵に捕えられ、市の城壁の内に...

パッション(2004) - goo 映画

(キャスト)

  • James Caviezel ジム・カヴィーゼル  (Jesus)
  • Monica Bellucci モニカ・ベルッチ  (Magdalen)
  • Maia Morgenstern マヤ・モルゲンステルン  (Mary)
  • Sergio Rubini セルジオ・ルビーニ
  • Rosalinda Celentano ロザリンダ・チェレンターノ  (Satan)

(スタッフ)

(監督)

  • Mel Gibson メル・ギブソン

(製作)

  • Mel Gibson メル・ギブソン
  • Bruce Davey ブルース・デイヴィ
  • Stephen McEveety スティーブン・マクヴィーティ

(脚本)

  • Benedict Fitzgerald ベネディクト・フィッツジェラルド
  • Mel Gibson メル・ギブソン

(撮影)

  • Caleb Deschanel カレブ・デシャネル

(音楽)

  • John Debney ジョン・デブニー

(美術)

  • Francesco Frigeri フランチェスコ・フリジェッリ

(衣装)(デザイン)

  • Maurizio Millenotti マウリツィオ・ミレノッティ

(EP)

  • Enzo Sisti エンゾ・システィ

 映画の中でイエス・キリストの「剣を持つものは剣によって滅びる」、「鶏が鳴く前に、3度私を知らないと言うであろう」等の有名な戒めの言葉に関連する場面を見て行くうちに、思わず画面に引きこまれてしまいました。まるでタイムマシンに乗って約2000年前の出来事をつぶさに見ている様な感じでした。紀元1世紀のエルサレム。この時代は強大な力を持つローマ帝国が地中海世界一帯を支配していました。新約聖書とイエスの歴史的受容救世主イエス・キリスト等の記述を参考にすると、イエスの没年は紀元30年前後と推定されるそうです。十字架刑に処せられた理由は、自らをユダヤ人の王であると名乗り、また「神の子」あるいはメシアであると自称した罪(イエスを妬んだユダヤ教の司祭達による冤罪だといわれているらしいです)により、ユダヤの裁判にかけられた後、ローマ政府に引き渡されゴルゴダの丘の上で磔刑(はりつけ)に処せられました。その後、十字架からおろされ墓に埋葬されましたが、3日後に復活し、大勢の弟子たちの前に現れたとされるそうです。(ちなみにその当時の日本はというと弥生時代の中期だったらしいです。日本キリスト教史によると日本にキリスト教がもたらされるのは1549年の戦国時代らしいです。)しかし、小生がこの映画を見終わって感じたのは、この時代(紀元1世紀)から、約2000年経った現在においても、犯罪は減るどころか、凶悪化しています。さらに人類の身勝手な振る舞いによる、環境破壊は深刻の度合いを増しています。2度の世界大戦に懲りることなく、世界各地の紛争は絶えません。確かに科学は発達して、約2000年前とは比較にならなくなりましたが、人類の精神世界は約2000年前と比べて進化しているのでしょうか?

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

他のアカウント

Facebook Twitter
無料ブログはココログ

Yahoo!

  • 天気予報
  • ニュース

最近のトラックバック

いつまでも...PowerMacintosh6100

DHCオンラインショップ

  • DHCロゴ
  • (DHC)ニューマイルドタッチクレンジングオイル
    DHCオンラインショップ
  • レスベラトロール+長命草
    DHCオンラインショップ
  • Q太郎フォースコリー
    DHCオンラインショップ
  • 女性のためのサプリメント
    DHCオンラインショップ

Sony Store

Sony Music Shop

  • JUJU
    Sony Music Shop

Link Share

  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
    アフィリエイトならリンクシェア
  • JAL 日本航空
    JAL 日本航空
  • ベルメゾンネット
    ベルメゾンネット
  • 富士通 WEB MART
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
  • NEC「得選街」
    NEC「得選街」商品イメージ画像付きショップロゴ
  • コーレル株式会社 Corel ストア
    コーレル株式会社 Corel ストア
  • NEC Direct(NECダイレクト)
    NEC Direct(NECダイレクト)
  • e87.com(千趣会イイハナ)
    e87.com(千趣会イイハナ)
  • シマンテックストア
  • モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション
  • FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
  • レノボ・ショッピング
    Go to Lenovo ボタン
[135x45]
  • 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
    犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
  • LicenseOnline ライセンスセンター
  • ジャストシステム直営ECサイト Just MyShop
    Just MyShop(ジャストシステム)
  • Scroll Shop(旧:ムトウOn-line Shop)
  • セシール
    セシール - セシールって、ちょっとヤルでしょ。
  • FUJIFILMネットプリントサービス
    FUJIFILM ネットプリントサービス
  • エプソンダイレクト株式会社

A8.net

Microsoft

  • Windows 7 Ultimateアップグレード版

ソフマップ.com

EIZOダイレクト

  • EIZOダイレクト 液晶テレビ 液晶モニター

マウスコンピューター

  • マウスコンピューター/G-Tune

ユナイテッド・シネマ

  • ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

PCソフト・周辺機器

  • Adobe Premiere Pro CS5.5 (V5.5) 日本語版 Macintosh版 Switch キャンペーン
  • MC380J/A Magic Trackpad

エプソンダイレクト株式会社

  • 製品総合
    エプソンダイレクト株式会社

JANet

日比谷花壇

  • 日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花
  • 花を贈るなら日比谷花壇へ

ご注文方法について

  • 当サイトはアフィリエイト プログラムによって商品をご紹介させていただいております。 アフィリエイトとは商品やサービスを販売・提供しているお店・企業と提携し、その商品やサービスをお客様に紹介する事で業務提携を結ぶことを意味しております。 したがって当サイトで紹介させていただいている商品は直接、当サイトから販売するのではございません。 ご購入の際は商品やサービスなどをご紹介しているリンク先のサイトでのご注文・ご購入となります。

Amazonリンク

  • 検索
  • おまかせリンク

Google AdSense