« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月29日 (日)

母の自慢

 花に関する母の思い出は自宅の花壇を小生の小さい頃から花で一杯にしていた事が記憶に残っています。さらに夏になると大きな、ひまわりが自宅のあちこちに育ち、あまりにも美しいので、カメラで何枚も写真を撮った事を覚えています。そんな母が小生の自慢です。母の日になると、母に何をプレゼントしてよいのか悩みますが、最近は花をプレゼントしています。母の日 プレゼントはイイハナ・ドットコム

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)

リンクシェア レビュー アフィリエイト

ATMフォント管理

201_082 今年も更新試験を受けました。参考書の一つとして便利だったのが、この「DTPエキスパート試験完全対策問題集 2006 です。次の2007年版がそろそろ出版されるでしょうが、更新試験の勉強以外にも役立つ内容が記載されていました。その一つがATMフォント管理です。得意先ではQuarkXPress 3.3Jを使用してページ物を作成してくる所がまだ有ります。(もちろんInDesignCS2+OpenTypeも増えていますが...。)しかし、データの中には今でも稀にOCFフォントに関するトラブルが発生します。また、過去にApple社のスティーブ・ジョブズCEOがたしか、WWDC 2002にて「我々の大切な友人に別れを告げよう」と、Mac OS 9を葬送するセレモニーを行いましたが、意外と日本のDTPの現場では根強くPower Mac G4上等でMac OS 9は使用されています。このMac OS 9上のフォントを最大限に生かせる便利な物の一つが、Adobe ATM Deluxeによるフォント管理です。「DTPエキスパート試験完全対策問題集 2006 にはそのATMを使用する上で、Mac OS 9のシステムフォルダ内に必要なCommonフォルダの事が記されていたので、感心した次第です。本の内容としては、タイトルの通りですが、あの有名な「アミテンの寅さん」のコメントが豊富です。

2007年4月26日 (木)

パーフェクトボディ(ダイエット飲料)

M02 「第5回アフィリエイト大見本市」にてdinos(ディノス)オンラインショップさんより、ダイエット飲料の「パーフェクトボディ」を見本で頂いたので、小生の妻が1日1食のペースで飲んでいます。アイスドリンク用(チョコレート味・抹茶・ストロベリー・バナナ・マンゴーラッシー)とホットスープ用(粒コーンスープ・きのこスープ)がセットされています。やはり、ダイエット飲料なので美味ではないそうですが、それなりに飲みやすいそうです。  M03           

2007年4月23日 (月)

第5回アフィリエイト大見本市

 2007年4月21日に東京ファッションタウンビルTFTホールにて開催された、リンクシェア・ジャパン主催のイベント、「第5回アフィリエイト大見本市」に参加させていただきました。会場は3つのブロックに分かれていました。会場内はたくさんの来場者でにぎわっていました。セミナーでの講演にはたくさんの視聴者が集まって、真剣に講演内容を聞いていました。小生はdinos(ディノス)オンラインショップさんより、ダイエット食品を紹介されました。Img_0024

2007年4月18日 (水)

ノースポイント ポートタウン

ノースポイント ポートタウン(1)
出演: 宮崎あおい, 洞口依子, 滝田裕介

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
北海道文化放送30周年の企画ドラマをDVD化。16歳の高校生・奈美は、美容院を経営する華やかな雰囲気を持つ母・敬子と2人暮らし。釣りが趣味の奈美は東京からきた釣具店店員・公平に淡い恋心を抱いていた。しかし、そんな彼を追ってきた女性が現れて…。


内容(「Oricon GE」データベースより)
北海道文化放送の30周年記念特別番組「ノースポイント ポートタウン」をDVD化。3話で構成される、複雑に絡み合う人間関係を16歳の少女の目を通して描いた作品の第1話。

ノースポイント ポートタウン(2)

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
北海道文化放送30周年の企画ドラマをDVD化。釣り好きの女子高生・奈美のほろ苦い青春を描く。奈美はカジカの腹から結婚指輪を発見し、持ち主を探して奔走するが、結局つき返されてしまう。一方、彼女の母・敬子は交際中の遠藤の子供を妊娠していた…。

ノースポイント ポートタウン(3)

 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
北海道文化放送30周年の企画ドラマをDVD化。奈美の釣り仲間の赤間老人が誤まって海に転落してしまう。幸い命に別状はなく、奈美は赤間の身の回りの物を取りに彼の家を訪れる。そこで彼女は自分の父親の映った写真を発見し、赤間が自分の祖父だと知る。

 小生は宮崎あおいさんが女子高生の役で自転車に乗って軽快に走るシーンが映画、テレビドラマの中でも結構、印象に残っています。このドラマは北海道、小樽が舞台です。学校の下校時にメル友の赤間老人から「入れ食いだぞ」というメールが彼女の携帯に入るや否や颯爽と自転車で自宅に帰り、本格的な釣りの服装に身を固めて、赤間老人の待つ、港の釣り場に向かうシーンから徐々に物語に引き込まれて行きました。海の風景が絵になります。3作目のラストシーンが良いですね。さわやかで暖かい秀作でございます。

2007年4月15日 (日)

ラブ・レター ~パイランより~

(Amazon.co.jp)
   中井貴一主演で日本でも映画化された浅田次郎の短編小説「ラブ・レター」を、舞台を韓国に移して映画化。主演は『シュリ』で日本でも知名度の高いチェ・ミンシク。
   うだつの上がらないチンピラのイ・ガンジェ(チェ・ミンシク)のもとに、妻が死んだという訃報が。結婚した覚えのないガンジェだったが、その女性は金のために偽装結婚した書類上の妻パイラン(セシリア・チャン)だった。パイランの顔も思い出せないガンジェだったが、遺体を引き取りに彼女が暮らした街へと赴く。そこにはパイランがしたためたガンジェ宛ての手紙が遺されていた。
   一度しか会ったことのない女性の生きてきた日々をたどるうち、想いがあふれ出る“出会わないラブストーリー”。この原作の設定を最大限に生かし、チェ・ミンシク、セシリア・チャンが見事な演技で涙なくしては見られない傑作に仕上げた。監督のソン・ヘソンは本作で青龍映画賞監督賞を受賞している。(茂木直美)

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
浅田次郎の短編小説を韓国の若手監督、ソン・ヘソンが映画化したラブストーリー。かつて偽装結婚した中国人女性・パイランが死んだことを知ったカンジェは、彼女の遺した手紙を受け取る。そこにはパイランのカンジェへの純な想いが切々と綴られていた。

内容(「Oricon GE」データベースより)
浅田次郎の「鉄道員(ぽっぽや)」に収められた35ページの短編小説「ラブ・レター」を原作とする韓国映画。「奥さんが亡くなった」と知らされた40歳を過ぎたカンジェはかつて中国人女性と偽装結婚したことを想い出す。一度も会うことのなかった妻、パイランの遺体を引き取りにいったカンジェは、そこでカンジェへの純な気持ちが切々と綴られた妻の最後の手紙を手にする…。出演はチェ・ミンシク、セシリア・チャンほか。

 小生が印象に残ったシーンは、いい加減なチンピラだった筈のガンジェ(チェ・ミンシク)が亡くなったパイラン(セシリア・チャン)のガンジェ宛の最後の手紙を読んで、号泣する場面です。その手紙にはガンジェにとって信じがたい、あまりにも純粋過ぎる彼への感謝が真摯に綴られていました。映画の中でいい加減でお人よしのチンピラ役を好演したチェ・ミンシクと対象的な素朴で清楚な役のセシリア・チャンの演技ゆえにその最後の手紙を読むシーンは、多忙な日常を生きる現代人へ、どこかに忘れていた懐かしい感動を蘇らせてくれるメッセージなのかも知れません。

2007年4月14日 (土)

トンボ

 DTPの現場で他人の作ったデータを扱う時に感じるのはトンボの作成方法です。一般にトンボは印刷する時や断裁する時、折加工をする時などの様々な用途に見当合わせをする為に使う目印です。(小生も新卒のデザイナー見習いの頃はカラス口やロットリングで紙版下作成時にトンボをきれいに引くコツを覚えました)1色刷りなら、1色でトンボを作成しても構いません。2色以上だと2色でトンボを作成するかレジストレーション(CMYK特色100%)の設定で入稿データを作成します。これが例えばCMYKの4色で作られたデータに対してKのみの1色でトンボを作成してくる方(イラストレータCS2になっても同)が以外と多いのです。また、2色以上でトンボを作る場合、常に上に乗るトンボはオーバープリントの設定にする必要があります。

 一般に入稿データ完成後はレーザープリンタ出力によるカンプでの最終確認が普通ですので、おそらく、トンボの事までチェックできていないと思われます。しかし、様々な落とし穴があるのです。例えばイラストレータ5.5Jの頃は自動トンボとトリムマーク作成の2通りの作成項目のコマンドが有り、前者だとカンプにはトンボが付いてきますが、最終のRIPによる高解像度出力の時に付かないのです。(ページメーカーの達人?のS社長はまさしくこの常習犯でした)まあ、何はともあれトンボ作成時にはトリムマークとレジストレーションの設定が必要ですよという結論でございます。

2007年4月12日 (木)

リリイ・シュシュのすべて

(解説)

ウェブサイト上で一般参加者たちとの対話を通して書き上げられた物語を基に、イジメる側とイジメられる側のふたりの男子中学生の青春を、リアルに描出するドラマ。監督・脚本は「四月物語」の岩井俊二。撮影を「DANBALL HOUSE GiRL」の篠田昇が担当している。主演は、市原隼人と「富江 re-birth」の忍成修吾。第75回キネマ旬報ベストテン第7位、第52回ベルリン国際映画祭国際アート・シアター連盟賞、第23回ヨコハマ映画祭ベストテン第5位&最優秀新人賞(細山田隆人)受賞作品。

(キャスト)

  • 市原隼人 (蓮見雄一)
  • 忍成修吾 (星野修介)
  • 伊藤歩 (久野陽子 )
  • 蒼井優 (津田詩織)
  • 細山田隆人 (佐々木健太郎)

(スタッフ)

(監督)

  • 岩井俊二

(脚本)

  • 岩井俊二

(撮影)

  • 篠田昇

(あらすじ)

カリスマ的アーティスト、リリイ・シュシュ2に心酔する中学2年の雄一。学校でイジメを受けている彼は、自らが主宰するリリイのファンサイト、リリフィアの中で交わす、青猫というハンドルネームのリリイ・ファンとのチ...

リリイ・シュシュのすべて(2001) - goo 映画

 小生が印象に残った登場人物は市原隼人くん・伊藤歩さん・蒼井優さんの3人プラス沢木哲くんです。それぞれ、劇中では皆、いじめられる役でした。特に伊藤歩さんの演じた「頭を丸刈りにされる久野陽子」役、沢木哲くんの演じた「学生カバンを口にくわえさせられる犬伏列哉」役は迫真の演技でした。その後、出演した映画では皆さん大活躍していらっしゃいますので、この映画で演じたそれぞれの役柄は意外と貴重かも知れません。そして大沢たかお氏と稲森いずみさんの2人が魅力的な大人役で出演していた事でなんとか、途中で投げ出さずに最後まで観る事ができました。

2007年4月10日 (火)

ジャック・サマースビー

(解説)

南北戦争終結直後のアメリカ南部を舞台に、別人のようになって帰還した若き農場経営者の謎と、周囲の人々との交流を描く人間ドラマ。監督はイギリス出身で「ラジオタウンで恋をして」のジョン・アミエル、製作は「プリティ・ウーマン」のコンビである、「沈黙の戦艦」のアーノン・ミルチャンとスティーヴン・ルーサー。エグゼクティヴ・プロデューサーは主演を兼ねる「愛という名の疑惑」のリチャード・ギアとマギー・ワイルド。「スター・トレックⅥ 未知の世界」の監督ニコラス・メイヤーとアンソニー・シェーファーの原案をもとに、メイヤーとサラ・ケルノチャンが脚本を執筆。撮影は「子熊物語」のフィリップ・ルースロ。音楽は「バットマン リターンズ」のダニー・エルフマンが担当。主演はギアと「羊たちの沈黙」のジョディ・フォスター。ほかに「プリティ・リーグ」のビル・プルマン、「スニーカーズ」のジェームズ・アール・ジョーンズらが共演。

(あらすじ)

1860年代後半のアメリカ南部、テネシー州ヴァイン・ビル。この地の農園経営者であるジャック・サマースビー(リチャード・ギア)が、南北戦争のためにこの村を出てから6年ぶりで帰って来た。終戦後2年が過ぎ、戦死...

ジャック・サマースビー(1993) - goo 映画

 主人公のジャック・サマースビー(リチャード・ギア)が、劇中の南部の美しい風景の広大な農園でタバコ栽培に成功し、白人・黒人を問わずに村の皆から尊敬され、妻のローレル(ジョディ・フォスター)からも深く愛されます。しかし、ある日、突然、過去の殺人容疑で逮捕され、裁判にかけられます。小生はこの物語の最後で主人公が選択した「自身の名誉」を重んじるという生き様に心を打たれると共に複雑な心境となりました。

2007年4月 8日 (日)

WiNers

Winers

                                                                 

出版社: マガジンハウス (1996/01)

1995年11月23日はあのWindows95日本語版が発売された日です。秋葉原では、未明より深夜販売を開始する店が多数有り、一般ユーザーを始め、業界関係者や、報道陣が多数集まり、深夜の一大イベントとなりました。またテレビ等でも特集され、Windows95ブームは大きな社会現象になりました。ただ、それ以降、一般ユーザーは新OSが発売される度に経験を積み、新OSが発売されるとすぐに購入してインストールするのではなく、各自の環境に即したバージョンアップ方法に変化している様です。上記、掲載の本はポパイの「ウィナーズ」という臨時増刊です。しかし、前出の「マックボーイ」臨時増刊に比較すると、話題性のある新OSをテーマにした割にはスマートにまとめているという印象で、「スタートボタンから始めよう」という初心者向けの内容になっています。唯一の救いはビル・ゲイツ少年物語という面白い読み物です。(それから、一般メディアの中には米国の影響を受けて、WindowsMacか、どちらが良いかを議論する記事や番組も多々ありました。ちなみに小生は使用マシンがPC98で、Windows95の新OS上でAldus PageMaker 5.0Jからプリントアウトした版下用のカンプが画面表示と違って文字がずれていた事にショックを受けました。画面上の文字レイアウトをずらす事で解決しましたが、WYSIWYG「ウィジウィグ」頼みのDTP作業にはMacが良いかな?と1996年当時は感じました。

Mac Boy

Mac_boy

                                                                 

出版社: マガジンハウス (1993/11)

1993年6月ジョン・スカリ-Apple社のCEOを退任するとマイケル・スピンドラーがその後を引き継ぎCEOに就任しました。米国のApple社にとっては先行きが不透明な時代に入ろうとしていた頃、日本ではMacブームが広がりを見せていたと記憶しています。そんな中、ポパイの「マックボーイ」臨時増刊が発売されました。小生も素人なりに中の記事を楽しんで読みました。ただ、紹介されているMacの定価が異常に高いと感じたのを覚えています。まあ、今ではインターネット等から様々な情報がすぐに手に入る時代ですが、当時は今ほどにはネットワークは発達していませんでしたので、この様な臨時増刊は貴重であり、新鮮でした。(掲載されている記事と写真が本当に素晴しかったのです。)

2007年4月 7日 (土)

アップル薄氷の500日

Amelio 出版社: ソフトバンククリエイティブ (1998/08)

(出版社/著者からの内容紹介)
iMacで復活したアップルの暗黒時代を語る

アップルの経営はまさに危機的状況に陥っていた。CEOを引き継いだアメリオに襲いかかる数々の試練、頭脳流出、次期OS開発の遅れ、そしてハイエナのようなマスコミ。今日の復活の下地を造りながらも500日でCEOの座を追われたアメリオ氏の会社再建の記録。

(内容)(「MARC」データベースより)
危機的経営状況だったアップルの再建に挑んだ男が体験した、綱渡りのリストラ。瀕死の会社を救うために迎え入れた人物のために、追放の憂き目を見ることになった運命の朝、彼の机上に用意されていたものは…。

※この本で小生が感じたのは、1996年12月当時にApple社のCEOだったギル・アメリオ氏が、NeXT社を買収するという決断がなければ、現在のApple社の歴史がどうなっていたのか予測できません。また、どちらかのOSに採用を決定するという最終プレゼンテーションの時のBeOSジャン・ルイ・ガセーNEXTSTEPスティーブ・ジョブズのあまりにも対照的な取り組み方は教訓として残りました。そして前任者のマイケル・スピンドラー社長がサン・マイクロシステムズApple社を身売りしようとしていたなんて、驚きです。

                                                      

パーソナルコンピュータを創った男

Jobs   スティーブ・ジョブズ パーソナル・コンピュータを創った男(上 )(下)
[原書名:STEVE JOBS : THE JOURNEY IS THE REWARD〈Young, Jeffrey S.〉 ]

出版社: JICC出版局 (1989/08)

ジェフリー・S. ヤング (著), 日暮 雅通 (翻訳)

(目次)

第1部 ルーツ(エレクトロニクスの魔法の大釜;天才ウォズと“ブルーボックス”の成功;LSD、禅、そしてアタリとの出会い;インドへ 挫折と悟り)
第2部 ハッカー(Apple1誕生 ガレージからの出発;新世代の大衆向けマシン Apple2の登場;新しい仲間たち アップル社の創業)
第3部 牧歌的時代(Apple2の大成功と“成長の苦しみ”;リサ・プロジェクトの着手と解任;株式公開の光と影 億万長者の誕生とブラック・ウェンズディ)
第4部 海賊になろう(プロジェクト乗っ取り Macのスタート 子供たちは待てない パソコン界の伝道師 ジョン・スカリーの参加)
第5部 傲漫(1984年は「1984年」のようにはならない “ビッグブルー”との戦い 荒海の中の海賊たち 崩壊か革新か 追われる創業者)
第6部 そして、旅は続く・・・(NeXT 世界を変えるマシン再び)

※この本はスティーブ・ジョブズの生い立ちから、スティーブ・ウォズニアックとの出会い、さらにMacintoshの開発からApple社を退社してNeXT社の設立とその製品開発の経緯について書かれています。(創業者のいなくなったApple社はその後、紆余曲折を経て経営危機に脅かされ、System7の次世代OSだったCoplandの開発にも頓挫します。Windows95の台頭によって、さらに予断を許さない状況下で1996年12月、Apple社はNeXT社を4億ドルで買収します。スティーブ・ジョブズApple社に劇的に復帰したのでした。)

2007年4月 1日 (日)

Pirates of Silicon Valley

(内容)
1999年度米国作品

販売元:Turner Home Video

VHS販売日: 2000/5/16

言語:英語(日本語字幕なし)
監督:  マーティン・バーク
製作:  リアンヌ・ムーア   
共同製作:  ジョセフ・ドハーティ

製作総指揮:  スティーヴン・ハフト/ニック・ロンバルド   
原作:  ポール・フレイバーガー /  マイケル・スウェイン   
脚本:  マーティン・バーク   
撮影:  オウサマ・ラーウィ   
音楽:  フランク・フィッツパトリック   
 
出演:  ノア・ワイリー  (スティーブ・ジョブズ) 
        アンソニー・マイケル・ホール  (ビル・ゲイツ) 
        ジョーイ・スロトニック(スティーブ・ウォズニアック)   
        ジョン・ディマジオ(スティーブ・バルマー)   
        ジョシュ・ホプキンス(ポ-ル・アレン)
    ジェフリー・ノードリング(マイク・マークラ)   
        アラン・ロイヤル(ジョン・スカリ-)

(あらすじ)
バトル・オブ・シリコンバレーの邦題名で放送された事があります。言語は英語です。1970年代初頭より、1990年代後半迄をApple社とMicrosoft社の創業者のサクセスストーリーの明暗部をテンポ良く約97分に短縮して描いています。スティーブ・ジョブズスティーブ・ウォズニアックは、巨人IBMをライバルと目し、ガレージショップから始めたApple社をマイク・マークラの資金援助と絶え間ない自助努力によって一流企業に育て上げ、ペプシからジョン・スカリ-を社長として招きます。もう一つの主役がいるMicrosoft社の方はMITS社製パーソナルコンピュータのAltairBASICの移植をしたビル・ゲイツポール・アレンスティーブ・バルマーの三人が登場します。さらに巨人IBMとの間にまだ、この世に存在していない筈のDOSをライセンス契約するという快挙を成し遂げます。やがてMacintoshWindowsの登場によりスティーブ・ジョブズビル・ゲイツは因縁の対決に...。                                                         

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

他のアカウント

Facebook Twitter
無料ブログはココログ

Yahoo!

  • 天気予報
  • ニュース

最近のトラックバック

いつまでも...PowerMacintosh6100

DHCオンラインショップ

  • DHCロゴ
  • (DHC)ニューマイルドタッチクレンジングオイル
    DHCオンラインショップ
  • レスベラトロール+長命草
    DHCオンラインショップ
  • Q太郎フォースコリー
    DHCオンラインショップ
  • 女性のためのサプリメント
    DHCオンラインショップ

Sony Store

Sony Music Shop

  • JUJU
    Sony Music Shop

Link Share

  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
    アフィリエイトならリンクシェア
  • JAL 日本航空
    JAL 日本航空
  • ベルメゾンネット
    ベルメゾンネット
  • 富士通 WEB MART
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
  • NEC「得選街」
    NEC「得選街」商品イメージ画像付きショップロゴ
  • コーレル株式会社 Corel ストア
    コーレル株式会社 Corel ストア
  • NEC Direct(NECダイレクト)
    NEC Direct(NECダイレクト)
  • e87.com(千趣会イイハナ)
    e87.com(千趣会イイハナ)
  • シマンテックストア
  • モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション
  • FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
  • レノボ・ショッピング
    Go to Lenovo ボタン
[135x45]
  • 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
    犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
  • LicenseOnline ライセンスセンター
  • ジャストシステム直営ECサイト Just MyShop
    Just MyShop(ジャストシステム)
  • Scroll Shop(旧:ムトウOn-line Shop)
  • セシール
    セシール - セシールって、ちょっとヤルでしょ。
  • FUJIFILMネットプリントサービス
    FUJIFILM ネットプリントサービス
  • エプソンダイレクト株式会社

A8.net

Microsoft

  • Windows 7 Ultimateアップグレード版

ソフマップ.com

EIZOダイレクト

  • EIZOダイレクト 液晶テレビ 液晶モニター

マウスコンピューター

  • マウスコンピューター/G-Tune

ユナイテッド・シネマ

  • ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

PCソフト・周辺機器

  • Adobe Premiere Pro CS5.5 (V5.5) 日本語版 Macintosh版 Switch キャンペーン
  • MC380J/A Magic Trackpad

エプソンダイレクト株式会社

  • 製品総合
    エプソンダイレクト株式会社

JANet

日比谷花壇

  • 日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花
  • 花を贈るなら日比谷花壇へ

ご注文方法について

  • 当サイトはアフィリエイト プログラムによって商品をご紹介させていただいております。 アフィリエイトとは商品やサービスを販売・提供しているお店・企業と提携し、その商品やサービスをお客様に紹介する事で業務提携を結ぶことを意味しております。 したがって当サイトで紹介させていただいている商品は直接、当サイトから販売するのではございません。 ご購入の際は商品やサービスなどをご紹介しているリンク先のサイトでのご注文・ご購入となります。

Amazonリンク

  • 検索
  • おまかせリンク

Google AdSense